ホーム > 詩人の部屋 > 音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋 > 艶

音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋


[587] 
詩人:音無詞 詩(元 小さな貝がら) [投票][得票][編集]

どんなに離れてたって
どんなに時間(とき)経ったって
どんなに年をとったって
色褪せない
心の中に想う
1つの艶として...

心病んで壊れた私
慣れない腕で
寒い冬でした
あなたと会った日
でもあなたと
繋いだ手は温かかった

舞い落ちる雪さえ
溶けてしまいそうに
あなたに抱きしめられて

あの時生まれた気持ちは
今もずっと心を染めて

この先ずっと
あなたの事は
私の中で輝くの
1つの艶として...

☆By 音無詞 詩
2013年11月作☆

2013/11/08 (Fri)

前頁] [音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -