ホーム > 詩人の部屋 > 椿 みなと(元 華々)の部屋 > ココロの手袋

椿 みなと(元 華々)の部屋


[222] ココロの手袋
詩人:椿 みなと(元 華々) [投票][得票][編集]




キミが
ボクにくれた言葉は

キミが
ボクにしてくれた仕草は

さりげなくて
あたたかくて

まるで
ココロにかぶせる
手袋のようでした

ボクのココロを
すっぽり
つつんでくれる
手袋のようでした

ボクも
キミが元気ないときは

そっとそっと
ココロの手袋
渡せるといいな

そして

2人で
あったかいねって

笑いあえたら
最高だね

時には
2人で涙したりするのも
悪くないよね

涙は
悲しい涙ばかりじゃ
ないもの

キミとボク
ボクとキミ

悲しいことは半分こ
楽しいことは二倍に

そうやって
いけたらいいね

きっと
ココロの手袋には
そんな力があると
ボクは思うんだ

だって
こんなに暖かいもの



2011/02/06 (Sun)

前頁] [椿 みなと(元 華々)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -