ホーム > 詩人の部屋 > 椿 みなと(元 華々)の部屋 > 粉雪舞う夜に

椿 みなと(元 華々)の部屋


[243] 粉雪舞う夜に
詩人:椿 みなと(元 華々) [投票][得票][編集]




粉雪舞う夜

『風が冷たいね』

君の手 僕の手
重ね合わせて
あたためあおう

心の奥まで
身体の芯まで
ほっこりするように

そして
あったかいねって
笑い合いながら
ほっぺを紅くして
ほっぺまで
ほかほかにしてしまおう

寒い冬に
あたたかな空気を
作り出して

2人
その空気の中で
心の底から
身体いっぱい使って
笑い合おう

粉雪舞う夜

『あったかいね』

その言葉
言える幸せ噛みしめて…


2011/12/25 (Sun)

前頁] [椿 みなと(元 華々)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -