ホーム > 詩人の部屋 > 椿 みなと(元 華々)の部屋 > こころ文

椿 みなと(元 華々)の部屋


[249] こころ文
詩人:椿 みなと(元 華々) [投票][得票][編集]




夕暮れ時になると
何故か貴方を思い出し
胸の奥がツンとします

昼間の少し
暖かくなってきた風は
貴方の笑顔のようで
涙が自然と零れます…

朝の
冷たく冷えた空気は
私を叱ってくれた
貴方のようで
気持ちが凛とします

夜空に
瞬く星たちは
貴方がくれた
沢山の優しさのようで
心が穏やかになります

貴方と別れ
数年が経ち

今なら
私より少し年上だった
あの頃の貴方の気持ちが
分かるような気がします

私も歳を
とったのでしょうね

貴方は今
何処で何をしていますか
お元気でしょうか…

もしも もしも
何処かで貴方に逢えたなら

一言 伝えたい…

私を
あれほどに想い
大切にしてくれて
大人にしてくれて

ありがとう…と



2012/02/29 (Wed)

前頁] [椿 みなと(元 華々)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -