ホーム > 詩人の部屋 > 椿 みなと(元 華々)の部屋 > 雨粒のイルミネーション

椿 みなと(元 華々)の部屋


[253] 雨粒のイルミネーション
詩人:椿 みなと(元 華々) [投票][得票][編集]




雨上がりに
庭の木の枝を見たら
水滴が枝を飾っていて
梅雨真っ只中の
季節はずれの
天然のクリスマスツリーに
心が躍って心が癒されて
何とも言えない
気持ちに包まれて
素直に心からの至福のため息が零れ
嗚呼…きれい…だと思った
こういう光景を目にし
心の浄化をはかる
今の現代に大切な事かもしれない
あなたも雨の日を
毛嫌いしないで
雨の日だからこそ楽しめる
天然のイルミネーションや
雨音に癒されてみては
如何だろうか
きっと心に
七色に彩られた虹が
飾られることだろう



2012/06/19 (Tue)

前頁] [椿 みなと(元 華々)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -