ホーム > 詩人の部屋 > 椿 みなと(元 華々)の部屋 > Dear 愛しい君へ(甥っ子へ捧ぐ)

椿 みなと(元 華々)の部屋


[273] Dear 愛しい君へ(甥っ子へ捧ぐ)
詩人:椿 みなと(元 華々) [投票][得票][編集]




てくてくてくてく

小さいあんよで
どこ行くの?

君の道は
まだ始まったばかり
一歩一歩が
危なっかしいけれど
とても力強いね

これからも
君の足で歩いて
しっかり足跡
付けて行くんだよ



キラキラキラキラ

まんまるおめめで
何を見ているの?

君の瞳に映る世界は
日々、新鮮で
何かを見つけた時の
あの煌めきは
どんな美しいものより
キレイだよ

その瞳に
沢山の景色を
焼き付けて
しっかり
覚えておくんだよ

君の成長が
私は楽しみです

今はまだ
言葉を覚え始めたばかりだけど

君が言葉を覚えたら
私に たっくさんの
お話を聞かせてね

もちろん
私も君に たっくさんの
お話を聞かせてあげるから

きっと
君に教わる事が
これから沢山ある

私が
忘れかけている事
忘れてしまった事

それらを
君から きっと教わるね

心から
楽しみにしています

生まれてきてくれて
ありがとう



2013/05/10 (Fri)

前頁] [椿 みなと(元 華々)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -