ホーム > 詩人の部屋 > 椿 みなと(元 華々)の部屋 > 箱

椿 みなと(元 華々)の部屋


[278] 
詩人:椿 みなと(元 華々) [投票][得票][編集]




ぐるぐる
    ぐるぐる


頭の中がまわってる


頭の中を
散らかしたのは
他でもないアタシ


ぐるぐる
    ぐるぐる


心の中がまわってる


心の中を
散らかしたのは
他でもないアタシ


積み上げられた荷物は
少しの衝撃で
今にも崩れ落ちそう


だけど
この荷物を
乱雑に積み上げたのは
アタシ自身


自分で
何とかしなくちゃ


箱の中身を
ひとつ、ひとつ、
確認しながら
整理しなくちゃ


時間は
掛かるかもしれない


それでも


アタシには箱を開ける
義務がある


アタシには箱の中身を
知らなきゃいけない
義務がある


そして
向き合う義務がある


開けた蓋を
閉めてしまいたくなる事も
あるだろう

だけど

これは
他の誰の為でもない
アタシ自身の為だから


アタシは
頭と心に
積み上げられた箱を
ひとつ、ひとつ、
開けて行こうと思う


前に
進みたいから
変わりたいから





1998.7月作成


2013/05/27 (Mon)

前頁] [椿 みなと(元 華々)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -