ホーム > 詩人の部屋 > 椿 みなと(元 華々)の部屋 > 紙一重

椿 みなと(元 華々)の部屋


[296] 紙一重
詩人:椿 みなと(元 華々) [投票][得票][編集]




よそ見ばかりしてたから
転んじゃった

でも
色んな景色を見れたし
痛さを覚えたよ

慎重になりすぎて
足元しか見てなかったよ

でも
自分の歩幅を知ることができたし
階段だって一段一段上るようになったよ

こんな感じで
世の中は
プラスとマイナスが紙一重に転がってる

角度を変えて物事を見てみること
忘れないようにしていきたい


2014/05/05 (Mon)

前頁] [椿 みなと(元 華々)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -