ホーム > 詩人の部屋 > 椿 みなと(元 華々)の部屋 > 美しすぎる君と夏 〜線香花火が彩る恋〜

椿 みなと(元 華々)の部屋


[304] 美しすぎる君と夏 〜線香花火が彩る恋〜
詩人:椿 みなと(元 華々) [投票][得票][編集]



蚊取り線香のかほりが
鼻をくすぐる真夏の夜

縁側では
風鈴がリンと風に揺れている

そんな
夏の景色の中に溶け込んでいる
夏になると僕の住む島に
やってくる君の姿

無造作に束ねあげられた髪
朝顔模様の浴衣
手にはパチパチと火花を散らして光る
線香花火

絵に描いたような
美しき日本の姿

これで
君の心も僕にあったなら…

線香花火は
儚く消えて行くけれど…
────行くけれど。

今年の夏も
僕は君のことが好きでした
────好きでした。

夏だけの
恋だと笑わないで
僕は彼女のことが
これからも…。






2014/07/16 (Wed)

前頁] [椿 みなと(元 華々)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -