ホーム > 詩人の部屋 > 椿 みなと(元 華々)の部屋 > 降水確率90パーセントの奇跡

椿 みなと(元 華々)の部屋


[316] 降水確率90パーセントの奇跡
詩人:椿 みなと(元 華々) [投票][得票][編集]



今朝の天気予報
降水確率90パーセント

空を見上げれば
灰色の雲たちが
足早に流れていた
今にも雨が降りだしそうだ

僕の心の中は
現実よりも大荒れ

黒いものが渦巻いて
嵐のようだ

触れようものなら
どうなるかわかったもんじゃない

自分が
そう思うのだから
他人は
もっと触れないだろう

なのに僕は
求めてしまった

だから今
僕は1人じゃないのに
独りきりのような感覚なのだろう

我が儘、身勝手
言いたいことだけいって
聞く耳は持たず
文句たれるのだけは一丁前

こんな僕なのだから
今の状況は致し方ない

今朝の天気予報
降水確率90パーセント

今にも
雨が降りだしそうだ

泣きたいときは泣いたほうがいいよ

誰かが前に
僕に言った言葉を思い出した時

雨か涙かわからないものが
僕の頬をつたった

天気というものは
雨ばかりの日は続かない
雨があがれば晴れ間が顔を覗かせる

許してもらえないかもしれない

だけど今
僕は素直になって謝りにいきたい

降水確率90パーセントの奇跡

とても
晴れ晴れとした気持ちだ





2015/04/03 (Fri)

前頁] [椿 みなと(元 華々)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -