ホーム > 詩人の部屋 > 椿 みなと(元 華々)の部屋 > おもいやり(編集済)

椿 みなと(元 華々)の部屋


[318] おもいやり(編集済)
詩人:椿 みなと(元 華々) [投票][得票][編集]




思い遣りのつもりでしていたことが
いつしか
相手に届く時には
重い槍になってしまっていた

思い遣りのつもりで掛けた言葉が
重い槍になり心に突き刺さり傷になり

心に絆創膏を…と思っていたのに
心は疼き瘡蓋になっても剥がれ…

おもいやりは
一歩、間違えば
重い槍になってしまうのだと知った












2015/04/25 (Sat)

前頁] [椿 みなと(元 華々)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -