ホーム > 詩人の部屋 > 椿 みなと(元 華々)の部屋 > 風

椿 みなと(元 華々)の部屋


[324] 
詩人:椿 みなと(元 華々) [投票][得票][編集]



風が窓をカタカタと叩くので
お部屋に迎えてあげました
壁の暦がめくられて
あっという間に大晦日
なんと気の早いことでしょう
まだ秋も始まったばかりだというのに

風が窓をカタカタと叩くので
お部屋に迎えてあげました
どこからか甘い香りがしてきては
私の鼻をくすぐります
いったいどんなお菓子でしょう
私も3時のおやつに致しましょう

風が窓をカタカタと叩くので
お部屋に迎えてあげました
くるりと部屋を見渡して
ひらりと旅へ出掛けました
鳥と私の心を虜にして



2015/09/27 (Sun)

前頁] [椿 みなと(元 華々)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -