ホーム > 詩人の部屋 > 椿 みなと(元 華々)の部屋 > 素直になれなくて

椿 みなと(元 華々)の部屋


[327] 素直になれなくて
詩人:椿 みなと(元 華々) [投票][得票][編集]

貴方が吸ってた煙草が
まだ灰皿の中で燻っている

話があるんだ

こう切り出された時
薄々
気づいていた

別れって言う方も辛いこと
知っているから
私はあっさり別れを受け入れた

嫌、違う
重たい女だって思われたくなかった
これがホントの理由

貴方が吸ってた煙草が
まだ灰皿の中で燻っている

煙が目にしみて痛い







こんな理由でもつけなきゃ
泣けない歳に私もなったんだ…


あの時もしも
素直に気持ちを言ったなら
考え直してくれたかしら

あの時もしも
あの時もしも…が止まらない








あぁ、そうか
私のこういう所がダメなのね

造られた
聞き分けのイイだけの女じゃ
可愛げも何もなくて
つまらないものね

素直になるって
大切ね…本当に











2016/05/06 (Fri)

前頁] [椿 みなと(元 華々)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -