ホーム > 詩人の部屋 > 椿 みなと(元 華々)の部屋 > 雨びより

椿 みなと(元 華々)の部屋


[82] 雨びより
詩人:椿 みなと(元 華々) [投票][得票][編集]





雨の中に
君の笑顔を見た




傘をくるくる回し
掌で雨をうけ
空を仰ぎ見る姿に
僕の目線は釘づけ





午後には
雨が上がってしまうらしい




雨が上がってしまう

――なんて




初めて思ったかもしれない





このまま
雨と戯れ遊ぶ
君を見ていたいよ






僕は傘を両手でもち
空高く空高く傘をかかげた




雨、雨、ふれふれ

     ―――もっと降れ



僕は

雨ふらしの てる坊主





笑顔が素敵な君のもとへ
雨が降ってくるようにと






傘で空を仰ぎつづけるよ






ねぇ







雨って







こんなに








綺麗だったんだね








2009/09/16 (Wed)

前頁] [椿 みなと(元 華々)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -