ホーム > 詩人の部屋 > beetの部屋 > 投稿順表示

beetの部屋  〜 投稿順表示 〜


[1] 白い夜
詩人:beet [投票][編集]

星が見えないのに 妙に明るい奇妙な夜
何故だか妙に心細い 
とても白くて 夜なのに雲の動きが見える

こんな夜に 僕はひとりぼっち
君がそばに居てくれたら
どれだけ心が安らぐだろう
それなのに 君は電話に出ない

胸騒ぎの予感 悉くひらめく
何故だか落ち着かなくなって
そして急にさみしくなる

会いたいよ 今すぐに
白い夜を突き抜けて
君の事しか見えない
世界中の出来事全てが気にならない程
ずっと君が好きだろうから

きっと明日も晴れる
そしたらきっといつもの場所で
また笑っていられるよね
そう思っていたい 白い夜はもういらない
その為なら 僕は君に全てを捧げよう
他の誰のためでもない
君だけの為に





2006/03/11 (Sat)

[2] 数千騎の真実
詩人:beet [投票][編集]

誰が為に生まれて
一握りの兵だけが生き残り
華やかな勝利者の影に
消えていく幾万の輝き

その栄光とは裏腹に
表舞台から去った後も
生き残りを賭けた戦いが続く

神よ これが汝に費やした
余りにも過酷な宿命か
慈悲という言葉があるならば
全ての戦いし勇者に祝福を

ターフ…それは生き残りを賭けた
馬達の熾烈な戦場
今日も明日も明後日も
人類が存在する限り
続けられるのだろうか

2006/03/11 (Sat)

[3] 戯言
詩人:beet [投票][編集]

さあ行くんだ しっかり前を見据えて
誰の為でもない 自分の為に
過ぎた事は忘れちまったほうがいい
やがて訪れる明日のために

今見える世界などひどく小さい
人生は短い もっと堪能してごらん
勇気を持って踏み出して
其処に希望が見える筈

荷物一つ持たず 繰り出そうか
振り返るな 立ち止まるな
胸を張って 笑って歩こう
やがて訪れる 未来の為に 

2006/03/11 (Sat)

[4] 不義理
詩人:beet [投票][編集]

昨日暫くぶりに両親に会った

父が妙にボケて感じた 少し寂しくなった
母は近頃パチンコにはまっているという
時間の流れを感じた
いつまでも同じで居られない事はわかっているけど
今から後悔したくないから

両親が元気でいる内に一緒に旅に出ようと思う

それが両親と最後の旅行になるだろうから…

2006/03/12 (Sun)

[5] 夢は夢のままでいい
詩人:beet [投票][編集]

あの時ボタンを掛け違えなかったら
僕らはずっと仲良くいられたのに
何故いなくなってしまったの?

もう会わなければ良かったのに
何故君は其処にいたの?

もう二度と会えないって思って 忘れ掛けてたのに 何故僕の前に戻ってきたの?

僕がもっと大きな人間だったら 君を受け入れる事ができただろう

でも それってあんまり虫が良すぎないか?

思い出は思い出のままで良かったのにね…。

明るい未来、見えないよ。

2006/03/13 (Mon)

[6] 手掛かり
詩人:beet [投票][編集]

答えをくれよ 漸く見つけられるかもよ
ヒントをくれよ その答えは至る所にある

日常見慣れた風景 あるいはあなたの何気ない一言

迷うのはもう沢山 何が何でも出口を探すのだ

で、後ろの正面だあれ?

2006/03/15 (Wed)

[7] 満たされてますか?
詩人:beet [投票][編集]

ご飯を美味しく食べられてますか?
熱く語り合える友を持っていますか?
有り余るお金持っていますか?
時が止まる程好きな娘いますか? そして愛を育んでいますか?
夢を捨てずに持っていますか?
健康なカラダを持っていますか?

手に届く身近な人や自分を支える上下関係のある人 そしてまだ会った事のない憧れの人も…

この中で一番大事な物はどれですか?

2006/03/15 (Wed)

[8] やっぱり君が好き
詩人:beet [投票][編集]

むかつく態度を取られても
期待はずれな事をされても
でもあの切ない顔で許しちゃう

もう無理と何度思っても
エッチが満足にできなくても
あの笑顔で思わず許しちゃう

だって好きなんだもん それしか理由ない 悔しいけどやっぱり好き

少しはこっちの事も考えてる? 惚れたこっちが馬鹿かも知れないけど やっぱり君が好き

お願いだから 少しだけ こっちの言う事に聞く耳持ってよね。お願いだから

2006/03/17 (Fri)

[9] 風が知っている
詩人:beet [投票][編集]

無駄な作り笑顔も
意味のないテンションもまったく必要ない
その答えは 風が知っている

ハッタリも意味がない
安っぽい見栄も必要ない
その答えは 風が知っている

その場だけ繕ったって
いつかメッキが剥がれる
全ての者は自らに
相応しき物を得る様に

その答えは風が知っている

2006/03/22 (Wed)

[10] どうする?
詩人:beet [投票][編集]

ちょっと前まで 僕ら少年だったのに
いつの間にか 責任ばかり重くなり 気がつきゃ小さくなっている

タバコ吸う事すらままならず 勝手なレッテル貼られて 身動き取れなくなってる

背負うのはいい いつかはそうなる
ただ 響き渡るのは 女の高笑いだけ

男共よ 弱くなりすぎてないか?
顔伺う毎日にあきあきしてないか?

じゃ 指加えて過ごすのかい

どうする?

2006/03/24 (Fri)
152件中 (1-10) [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> ... 16
- 詩人の部屋 -