ホーム > 詩人の部屋 > 絶対零度の部屋 > 新着順表示

絶対零度の部屋  〜 新着順表示 〜


[298] 夜明けの朝日が昇る前。
詩人:絶対零度 [投票][編集]

まだ日は見えない
薄暗い夜明けは
希望も、絶望も
なにもない静寂

苦しいことも
楽しいことも
痛いことも
嬉しいことも
まだ始まらない時間

さぁはじめようか
よくしらない1日を
なにかを掴むと信じて。

2019/04/29 (Mon)

[297] ( )を掴む
詩人:絶対零度 [投票][編集]

なにもやらず
なにもできず
ただ、ただ
見続ける

手を伸ばして
その手からすり抜けて
ただ、ただ
泣いた


手につかんだもの
それは何もない
無の感触
それが私の今の場所
何もできない私の居所。

2018/08/05 (Sun)

[296] ストロングゼロ8%
詩人:絶対零度 [投票][編集]


酒が足りない
いや、脳のナカには8%の毒物が
ゆらゆらとかき回していくのだ
それは誰からも認められまい美
私だけが手に入れたかった花
けれど8%
壊れて酔うということで
どんなに愛を酒で包んでも
この声も、この花も
届きはしないよ
それが酩酊。それが8%

飲めど、酔えど、飲めど、酔えど
限りなく、限りなく、消えていく。
あとに残るのは、
中身のないストロングゼロ8%
その空き缶だけよ

2017/12/31 (Sun)

[295] 存在賠償金命令
詩人:絶対零度 [投票][編集]

嫌い嫌い嫌い嫌い
嫌い嫌い嫌い嫌い
嫌い嫌い嫌い嫌い
嫌い嫌い嫌い嫌い

こんなギザギザな言葉で
めった刺しにされるのだったら
生きてこなれければよかったな

個人的に、ものすごく頑張ってはいるけれど
どうしてもどうしても
評価なんてされないのだから

償い償い償い償い
償い償い償い償い
償い償い償い償い

すごく嫌いで死んで償いたい

2017/09/15 (Fri)

[294] 眠い夜と終わらないパソコン
詩人:絶対零度 [投票][編集]


意味のない、無価値な文字
言葉に繋げられない呼吸
押すキーボードの位置が
どこにあるのかが、忘れた

空は、どこにあるか
夜はこれほど暗いか
朝はどれほど絶望化


こなくていいよ朝は
こなくていいよ昼は
それからは寝たいよ

生きるか死ぬかで生きているけれど
もし明日、死ぬのであれば、
あがらって、あがらって
それから、生きるわ

結局、考えまとまらず
たぶん1バイトの点が
頭の中を裂いていくんだ


はは、笑ってよ
くっそ負け犬な人生を
はは、だったら
くっそ卑怯なことをして
人生に朽ちたをボロボロの花
を飾ってやれ

2017/09/10 (Sun)

[293] 酔うこと
詩人:絶対零度 [投票][編集]

なにもほんとうは
酔わなくてもいいのに
苦しいから
苦しいから
ほんとうに飲んだ

+は睡眠導入剤で
グラグラと、俺の中に大地震がくるけれど
千切れそうな頭の回線が
かろうじて、かろうじて
繋がっている

とぎれなく夜を繋ぎ止めている


ああ、ほんとうは。
ああ、ほんとうは。
なにもいらないのに
生きていくためには
全てが必要すぎて、
私はサイフとスマホとナイフを詰め込んだ


さぁ。はじめようか、
生きてあがいて、死にあがいた
いつもの日常を。

2017/09/03 (Sun)

[292] 目で追いかけること
詩人:絶対零度 [投票][編集]

あなたを追いかける
届かない人を追いかけて
届かない想いに鍵かけて
それでもあなたを
追いかけている




2017/05/29 (Mon)

[291] 眼球が反り返る
詩人:絶対零度 [投票][編集]

眠け
眠い
いつまでも、いつまでも
続いていく眠けが
私を壊していく

また
また
うつら、うつら
眠くなる

2017/04/21 (Fri)

[290] 現状・否・満足
詩人:絶対零度 [投票][編集]

仕事も
日常も
満足、満足

お金ももらって
ゲームして

一日を過ごしてる

そんな満足、満足


なんて嘘

現状・否・満足

もっと、もっと、満足させて。

2017/03/18 (Sat)

[289] 愛してほしい
詩人:絶対零度 [投票][編集]

愛してほしい

愛するのは、とても疲れた
無償の愛を自らの奥から作りだして
あなたがたにプレゼントを
してみたけれど
どれも捨てられていたのだから

だから愛してほしい

2017/02/06 (Mon)
298件中 (1-10) [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> ... 30
- 詩人の部屋 -