ホーム > 詩人の部屋 > 璃星の部屋 > 新着順表示

璃星の部屋  〜 新着順表示 〜


[302] 
詩人:璃星 [投票][編集]

何がしてあげられるか
何を残してあげられるか

わたしがいた時間の
証がほしかった


出来たら
もうそばにいられなくても



貴方を幸せに出来るような
貴方を笑わせられるような

何も要らないって貴方は言うけど
きっと貴方


泣いちゃうだろうから

忘れそうになる自分を責めるから

2012/04/12 (Thu)

[301] 野良猫
詩人:璃星 [投票][編集]

わたしたちは何で繋がっているのか
考え出したらだらだらと
同じものを食べ、同じベッドで寝てただけの
野良猫みたい


ただ
そばにいてくれればよかった
モノクロの毎日に
少し暖かくてめんどくさい存在が欲しかった

貴方はずっと居心地がよくて
優しくて

わたしは初めて
会えないことで寂しさが生まれることを知った
ニャーとしか言えないけど

2012/04/05 (Thu)

[300] 此処
詩人:璃星 [投票][編集]




どこでもいいなら

ここでもいいはずなのに

2009/10/19 (Mon)

[299] ごめん
詩人:璃星 [投票][編集]



ごめんなんて

言わないで

許すわけにもいかなくて


呪うように思うしかできないわたしに

2009/10/19 (Mon)

[298] 十字架
詩人:璃星 [投票][編集]

背負っていかなきゃいけない十字架なんて
そんなふうに思ってないけど


忘れられないってその事実が
枷だと思ってもらって構わない


わたしなりに
たまに思い切り泣きたくなるくらいの
傷として残しておかなくちゃ

もしかしたら
忘れちゃうかもしれない


それが死ぬほど怖くて

時間が経つのも
癒そうとする誰かに会うのも

どこかで強く拒んでる

2009/10/19 (Mon)

[297] 未来U
詩人:璃星 [投票][編集]


信じてなんて
もう言えなくなってしまった

そんなお互いに
未来なんてあるの?

2009/10/09 (Fri)

[296] 理由X
詩人:璃星 [投票][編集]

貴方にめいっぱい愛されながら
1ミリも貴方に感情なんてなかった

このくらいで足りるだろうと
持ち合わせの言葉で恩返しをした


中途半端な正義感が罪悪感で満たされながら
それでも貴方の体温は優しくて


貴方でなきゃいけない理由なんてないよ


アルコール切れの気ダルイ朝より
貴方との朝がマシだっただけ

2009/08/18 (Tue)

[295] いつか
詩人:璃星 [投票][編集]

出逢った時点で

覚悟を決めなくちゃいけなかった

いつかがくることも
いつかがこないことも

2009/06/09 (Tue)

[294] Cheap
詩人:璃星 [投票][編集]

アイシテルって言ってほしくて

陳腐でチープな言葉がほしくて
わたしは何もかも許したの


安い女だって言われたけど
いくら想っても空回るばかりの日々に比べたら

わたしは間違いなく幸せだったから

2009/06/09 (Tue)

[293] 余命
詩人:璃星 [投票][編集]

余命があと10年なら
お母さんに1度はオーロラを観せてあげたいな
もう一度家族3人で沖縄にも行きたい



余命があと3年なら
些細な失敗なんて怖がらないで
笑ってチャレンジしてみたい
お菓子作りをキミに教わりたい



余命があと1年なら
今関わってる仕事や勉強を
何がなんでも成功させようともっと必死になるよね
友達との長電話も増えるかなぁ



余命があと半年なら
今までわたしを支えてくれたひとへ
手紙を書いて会いに行って感謝の言葉を言わなくちゃ



余命があと1ヶ月なら
わたしはきっと大好きだった場所を
大好きな音楽を聴きながらひとつひとつ巡って
海の側で寝転がってキミと他愛ない話をし続けたい



余命があと1週間なら
わたしはきっと眠らないまま
大切なひとにわたしの想いを全部伝えて
あり得ない我儘を言ってはキミを困らせて


言えなかった言葉なんて
何もないように




余命がもうたったの数分なら

全部伝えて
全部伝わったはずの言葉が
また身体からこぼれて


キミを抱く腕が
たったの2本しかないことだけを

唯一悔やみ



キミと会えたことと
産まれたことと
生きていたことに


初めて神様なんか信じてみたりして












あと余命がどのくらいなら

わたしはもっと



2009/04/16 (Thu)
160件中 (1-10) [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> ... 16
- 詩人の部屋 -