ホーム > 詩人の部屋 > 尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋 > 赤い糸 > 投票

尻尾まであんこが詰まってるたい焼きの部屋  〜 「赤い糸」への投 票 〜


[196297] 赤い糸

詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き


抱きしめてしまいたい
もしも許されるなら

泣いている 笑っている
どんな君でも僕は好きだよ

だけど君を愛すのは僕じゃない
僕はただの友達だ

どうして僕は君を愛してしまったんだろう

壊れるほどに誰かを愛したとき

運命に抱かれるように

赤い糸の存在を 信じるんだ。





2019/12/08 (Sun)
ユーザーID パスワード
一言コメント  


- 詩人の部屋 -