ホーム > 詩人の部屋 > 音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋 > ストロベリーキャンドル > 投票

音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋  〜 「ストロベリーキャンドル」への投 票 〜


[131086] ストロベリーキャンドル

詩人:音無詞 詩(元 小さな貝がら)

低く葉を広げ
寒い風に耐えながら
春を待つ

綺麗な声奏でながら
小鳥達が
春を連れて来たら

穏やかな中
背高く茎を伸ばし
赤い花穂灯す光のように

そんな温かい光の中で
私は貴方と出逢いました
まるで何かに
導かれるように

赤い花穂は
幸運を呼ぶように

私の心につけた
小さな蕾だった気持ちに
赤い花をつけた

この花のように
優しく咲きたい
そっと貴方の元で

By 小さな貝がら

2008/08/27 (Wed)
ユーザーID パスワード
一言コメント  


- 詩人の部屋 -