ホーム > 詩人の部屋 > のんの部屋 > 投稿順表示

のんの部屋  〜 投稿順表示 〜


[11] realmemory
詩人:のん [投票][編集]

時々思い出すの

幼い頃の記憶

何もかも掴みたがって


掴めなくて

悔しくて泣いてた

愛されることに

こだわってばかり

愛することなんて

知らないかのように

笑顔で「ありがとう」
精一杯の愛

ごめんね

いつもワガママだった


愛されるなんて高望みして…


愛されたくて

一人拗ねて

構ってくれるの

待ってたの

気付かれないように

一人トイレに鍵かけて


溢れる想い流してたの


でもね今なら言えるよ


生きてることが幸せで…


それだけで良かったんだって…


この記憶は

鍵かけて胸にしまうから…


もう忘れたいの…

人を憎みたくないの…


忘れさせて…全て


幻だと思わせて…

幸せが枯れないように…

2007/01/18 (Thu)

[12] 涙…(理由)
詩人:のん [投票][編集]

なぜ…?

涙が零れ落ちるの…?


寂しくなんかないのに


何だか悲しくなるの

何の理由もないはずなのに…


消えてしまう気がするの…


この胸の苦しみが

その先を物語っている気がして…


呼吸がうまく出来ない


ねぇ…

僕いつまで生きられますか…?


あと何十年ですか…?


僕の使命が終わる時

僕は消えてしまう気がする…


夢みたいな話しだけど…


そんな気がして…


また根拠のない涙が

一粒、一粒零れ落ちる…

2007/01/19 (Fri)

[13] 心のレンズ
詩人:のん [投票][編集]

綺麗なモノ

綺麗な心でしか見れない…


空の青見て

綺麗と思えますか…?


当たり前なんて思ってませんか…?


綺麗な心

いつまでも…

美しい空が美しいと言えないのは…


心の余裕示してる

余裕がない心は

素直に受け取れない…


素直に心から喜べるなら


それは素敵なことでしょう


空を見て…

何を思う…?


貴方のレンズ…透き通っていますか…?

2007/01/19 (Fri)

[14] 無数のセカイ
詩人:のん [投票][編集]

例えば君がいなくて

僕もいなくなったら…

この環境(せかい)は違ったんだろうか…?


君と僕はまだ魂だけで


肉体を持っていなかったら…


この環境はどうだったんだろう…?


お互いに行くべき道だけを歩んで


出会うことすらなかったんだろうか?


僕のいる環境

君のいる環境

いつか行く霊界(せかい)…


どんなセカイが存在するんだろう…?


君と僕の輪廻

君の隣に僕が居られたら…


紅い糸を繋いでいて…

2007/01/19 (Fri)

[15] 
詩人:のん [投票][編集]

楽に生きよう

なんてつまらなくならないだろうか…?

苦しんで生きよう

なんて誰が望んでるだろうか…?


生きるのに理由はイラナイ


楽なんてしようとすれば


その分後で苦しんだりするんだ

苦しんだと思ったら

ささやかな幸せに気付くんだ


大切なものに気付くんだ…


気付いたら感謝出来るんだ


当たり前だと思ってた景色に…


綺麗事並べても


理想と現実なんて食い違う


それが幸せだと気づくまで…


あとどれくらいかかるでしょう…?

2007/01/20 (Sat)

[16] 貴方と出会って
詩人:のん [投票][編集]

貴方と出会って

僕は知った

人間の温かさを…

貴方と出会って

僕は感じた

貴方の存在感に…

貴方と出会わなければ


知らなかった…

何一つ無駄のない世界


貴方と出会わなければ

知らなかった…

僕のいる意味


実際ちゃんと理解した訳ぢゃないけど


何となくそう感じた…


貴方と出会って変わった…


僕の道


僕と出会って変わってしまった


貴方の道


愛とは何を言うでしょう…?


僕は貴方を今想う

これが愛だと思っています…

2007/01/21 (Sun)

[17] 無題…
詩人:のん [投票][編集]

午後2時

僕はただ部屋に座り込んだ


洗い髪をドライヤーでなびかせて


何だか僕ばっかり好きみたい…


貴方が頭から離れない…


貴方は愛してると唇動かすけれど


僕は何かしてあげられるかな…?


僕のしたいようにしてたら

ただの自己満だから…


貴方の夢も叶えてあげられたなら…


幸せだな…


僕と貴方

壁はたくさんあるけれど


いつまでも笑っていられますように…


愛の言葉を囁けますように…

2007/01/21 (Sun)

[18] 飛べない鳥と風船と
詩人:のん [投票][編集]

幼い頃膨らました

夢や希望の風船

何か見つけたくて

追いかけていた

膨らました風船は

いつかあの空の

遥か遥か彼方へ

消えて行ったのかな…


真っ直ぐに生きられたら…


僕は違う道歩いてただろう


暗闇の中でも

胸張ってただろう…

強さも

弱さも知らなかった…


怖いものなんてなかった…


護られてたから


外に出たら

素直でバカみて

ひねくれて

いつの間にか天の邪鬼…


外を知らなかったから…


鳥かごの鳥のように

飼われることしか出来なかったから


青空見て

飛べないの

外の世界のルールさえも知らないから


怖くはないの

死んでも後悔しないの


だけど胸が苦しいの

僕の行く道見失った

やっと気付いた

四六時中側に人がいないと…

僕は生きる保証はない…


何だか惨めで…

何だか悲しくて…

ちょっとだけ泣きたくなるの…


飛べない鳥

羽があるのに…

一人ぢゃ生きて行ける自信はないの


初めて怖さを知りました


初めて絶望を知りました


希望の風船割れました


飛べない鳥は

飛べなくても


幸せを知りました


希望の風船

再び膨らみ始めました


またいつか消えても

膨らませるように

夢と希望の風船

飛べない鳥の鳥かごに結んで…

2007/01/21 (Sun)

[19] 未来へ
詩人:のん [投票][編集]

我が身寄せ

想う貴方

何処までも

我が身と魂

貴方に捧げ

いつかの未来

我が身無しでも結ばれたもう…

2007/01/21 (Sun)

[20] 赤い糸
詩人:のん [投票][編集]

瞳と瞳を合わせたら

ほら何かが見えるでしょ?


唇と唇合わせたら

愛に触れるでしょう
あの赤い風船

恋心

捕まえても

捕まえても

運命の糸伸びるばかり


もしかしたら

もしかしたら

貴女の指と

貴方の指に

赤い風船

結びついたかも…


もし貴女が大人になって


忘れてしまったとしても


赤い風船は鮮やかなまま


貴女と貴方へ

結びついてる…

2007/01/22 (Mon)
116件中 (11-20) [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> ... 12
- 詩人の部屋 -