ホーム > 詩人の部屋 > 新着順表示

新着順表示  〜 新着順に10件ずつを表示しています 〜


[195752] きっとこの夜が明けたら君はいない
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


くだらないことで口論になって
いつも素直になれない
そんな僕に愛想尽かして
君は冬の寒い日部屋を出ていった
最後の背中合わせの夜は
同じ部屋にいるのに
世界の果てにいるみたいだった
きっとこの夜が明けたら君はいない
そんな当たり前なことが
とても僕は恐い とても僕は悲しい。

2019/06/20 22:33



[195750] いっく 全然
詩人:ロマンス [投票][編集]

 
 
気にしない



この木なんの木
気になる木



名前も知らね
木ですから




―ロマンス―

 

2019/06/20 07:17



[195749] いっく 残高
詩人:ロマンス [投票][編集]

 
 
愛の火は


かげろうのよう
ゆらめくも


褪せた枯葉を
燃やす夢路よ





―ロマンス―

 

2019/06/19 12:03



[195748] 街角に佇むように
詩人:梅宮 [投票][編集]

繊細な花がそこにある
緻密な歌が流れる街
其処此処にあふれる光は
僅かに影を残して 多くを照らす

例えばあなたが悲嘆にくれる時
その影はそっと寄り添うでしょう
例えばあなたが憤りに埋もれそうになった時に
踏み締めた足の下に生まれた小さな影法師のような影が

そして
笑い 泣き 怒り
そうして楽しむあなたの生が
僅かに影を残して また誰かを照らす

咲く 繊細な花
輝く それは  あなた

2019/07/11 16:15



[195746] いっく 承知
詩人:ロマンス [投票][編集]

 
 
いっく調


ウザい投稿
許してチョ


脳リハのため
お邪魔してます





―ロマンス―

 

2019/06/18 07:51


[195745] いっく 掟破
詩人:ロマンス [投票][編集]

 
 
今週も



社内改善コツコツと



ハラスメントの縛り鎮めん





―ロマンス―

 

2019/06/17 18:05



[195744] 話をしようよ
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


どうして君は 辛いときほど
涙を見せずに 笑っているの?
少しは 涙も見せてくれないと
張り合いがなくて 困ってしまう

頼りない背中が 君を強がらせているのかな

君が一人で持てない荷物は僕が持つから
たまには弱音吐いてね だから話をしようよ

重たい荷物は二人で持てば少しは楽だよ
あまり期待されても困るけど話は聞くよ

誰かに聞いてもらえば少しは楽になるよ
夜は長いから 珈琲飲んで 話をしようよ。




2019/06/17 13:37



[195743] 少年の夏
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


回る自転車の車輪が
夏の路面に張りついて
汗をかいて駆け上がる
少年のシャツに地図を描く

少ない小遣いを貯めて
切符を買うためのお金を出して
僕らは小さな冒険の旅へ

僕らが見た星や虫や知らない景色は
きっとこの世界のほんの一部にしか
過ぎないということも
なんとなくわかっていたよ
それでも僕らはあの日
知らない世界を知ったよ

絵日記に描いた思い出
それは輝く 少年の夏。





2019/06/17 13:07



[195742] 僕が歌いたいのは
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


僕が歌いたいのはね
耳が聞こえない人や
目の見えない人にも
ちゃんと届くような
そんな歌なんだよ

手の形を変えて
伝える手話のように
何通りものバリエーションで
不特定多数の
あなたに届くような
そんな歌なんだよ

ありがとうとか愛してるとか
決まった言葉や思いではなく

悲しいような嬉しいような
どこか切なげなメロディで

あまたの国や 文化にふれても
変わらないような

そんな歌なんだよ。


2019/06/17 12:55



[195741] ダンス
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


ダンスは苦手でも
踊ることはできるだろう
まっすぐに立てなくても
体を委ねることはできるだろう

それぞれの解釈で
思い思いの立ち居振舞いで
好きなように踊ればいいのさ

生きることはダンスを
踊ることとたいして変わりはない
下手か上手いかは後回し
踊ることで始まる日常劇
誰もが自分という役柄で
世界という舞台に立つ役者

つまずいたのならそれもまた
ひとつの味にしてしまえばいい

生きることはダンスを
踊ることとよく似ていると思うんだよ
悲しみも歓びも踊りに変えて
幕の向こうで拍手の渦
お客さんはいつも自分自身
負けるも勝つも自分自身
向き合うのもまた自分自身。







2019/06/17 12:43
5663件中 (151-160) [ << 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 >> ... 567
- 詩人の部屋 -