ホーム > 詩人の部屋 > 新着順表示

新着順表示  〜 新着順に10件ずつを表示しています 〜


[195724] 遅々眠々
詩人:令和も高級スプーン [投票][編集]

泥のように眠りたい
凝り固まったアタマを
揉みほぐし
寝付きやすいカラダに
そう望み悩むだけ
過ぎていく時間
出勤するまであと少し

睡眠リズムを改善したい
音程をうまく取れないので
睡眠もうまく取れないのか
などと
くだらない思考が
寝る間も惜しんで邪魔してくる

起きている時間の割に
進捗しない人生
これだけの負債を抱えて
足取りが重くなるのもわかるけれど

ここは嵐の中
明日が来るまでに眠る勇気がほしい
弱る灯火が消える前に

2019/06/13 06:31



[195722] いっく 御水
詩人:ロマンス [投票][編集]

 
 
夜の街


可憐せつなく消えた美人(ひと)


なかなか消えない


ふくよかな人





―ロマンス―

 

2019/06/12 15:20



[195721] ドアロック
詩人:まろふに [投票][編集]

最後の言葉は「それじゃあ」だった
君は静かに車のドアを閉めていく

遠ざかる君の背中 もう僕のものじゃないと知ってても それでも

口には出せない悲しみがある 伝えきれない想いもある
「幸せに」なんて簡単には言えないよ

最後の夜は短く長くて
互いに語る言葉探しあぐねていた

涙見せぬ君の黒髪 夜明けに差し込んだひかりに濡れてた

黙って車降りて行くのを 待ってるだけの僕のずるさを
許してくれたのは最後の君の優しさ

ドアのロックを外す音が聞こえた

2019/06/11 23:03



[195720] ラブソング
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


言い過ぎたかなと
胸を痛めてるのはどちらかな

目に見える傷跡なら
放っておいても治る
目に見えない傷跡は
見た目より深いんだ

僕が君とはじめて出会ったときに
感じた運命によく似た感情

愛してるをもっと上手く
言えたならいいのに
言葉と気持ちがいつも裏返し
僕が見たいのはそんな涙じゃない
幸せそうな笑顔なんだ。


2019/06/10 20:25



[195719] 喧嘩
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


言い過ぎたかなと
胸を痛めてるのは
傷つけた方だ

自販機のそばで
煙草をふかし
ふてくされている方だ

謝ればまた笑いあえるのに
強がり意地を張るのが
どうやら僕の悪い癖だ

不器用なのは昔から
ちっとも変わらない

愛してるなんて言えないよ
君を笑わせられない
僕なんか大嫌いだ。



2019/06/10 20:16


[195718] 素麺の季節
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


浮かんだ言葉とメロディで
積み重ねた日々は
五線譜にきれいに並ぶよ

夏の日の窓を開けて
そこに見えたのは
夕暮れの一番赤いとき

優しい気持ちを思い出す為に
もう一度 涙に濡れてみる

テーブルの上に夕飯に決めた
素麺が所在なく見えたら

大抵の出来事は笑い話になる
僕は多分思うより弱くない

思うより強いんだ。






2019/06/10 20:09



[195717] 生きる
詩人:EASY [投票][編集]

素直になれるんなら
苦しんだっていいじゃないか

僕たちはそのことにさえ
気づけない


それがその
意味だから


分かっていたら
そうしてなんかいないんだ

2019/06/10 20:06



[195716] いっく 忍耐
詩人:ロマンス [投票][編集]

 
 
罠のよう



笑みを振る舞うオフィス女子



顔の締まりを保つ闘い





―ロマンス―

 

2019/06/10 19:58



[195715] いっく 弱身
詩人:ロマンス [投票][編集]

 
 
今週も


敵は女人の笑顔だけ


そう言い聞かす
自分あわれよ





―ロマンス―

 

2019/06/10 18:44



[195713] いっく 視線
詩人:ロマンス [投票][編集]

 
 
観て死ぬは


街の女人と
オヤジたち


惚れた腫れたか
切った張ったよ





―ロマンス―

 

2019/06/09 19:01
5659件中 (171-180) [ << 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 >> ... 566
- 詩人の部屋 -