ホーム > 詩人の部屋 > 里雨夜の部屋 > 投稿順表示

里雨夜の部屋  〜 投稿順表示 〜


[201] 夏が行く
詩人:里雨夜 [投票][編集]

風は冷たく

気温は低く

日向は優しくなり



雲は疾く

空は高く

秋桜は咲き始め



夏は行く

秋は近づく

2009/09/13 (Sun)

[202] 木漏れ日
詩人:里雨夜 [投票][編集]

幻想(ゆめ)を見ていました
二人過ごした一瞬(とき)

君は僕の隣で
微笑んでくれていました


儚げに降り注ぐ
木漏れ日のような人でした


幻想から醒めました

涙は頬をつたい
うたかたの温もりは
心に灯されました


永遠に続いてゆく
現実のような幻想でした

2009/09/19 (Sat)

[203] ココロノ疲レ
詩人:里雨夜 [投票][編集]

自覚のない疲れ

心の疲れ



何かに集中できなくて

楽しいが見つけ難くなって
漠然とした重りが

胸の辺りにある感じ








自覚のない疲れ

心の疲れ

忙しくなれば

解消されるのでしょうか

2009/09/22 (Tue)

[204] one step
詩人:里雨夜 [投票][編集]

好きな人に
幻滅されるのが怖くて
自分を知られることに
躊躇する


好きな人にとっての自分は『部活の後輩の一人』


そこから見つめるだけで

満足して

幸せで…



淋しさも
苦しい程の恋しささえも
幸せで


















自分に自信が持てたら

一歩を踏み出せるのかな

2009/10/01 (Thu)

[205] サミシイ、アイタイ
詩人:里雨夜 [投票][編集]

淋しさに

誰かを求めて

心が躰から離れていく



一人堕ちて

コントロールできない自分に

自己嫌悪



『会えたら嬉しい』が

『会いたい』に変わった

でも

恋なのか分からなくなった




不安定な情緒

自分を振り回すのは勝手

彼の人を巻き込むのはエゴ


でも

止まらない

止められない




彼の人を一目見るまでは

2009/10/02 (Fri)

[206] りんごちゃん
詩人:里雨夜 [投票][編集]

例えば

寒さが体に凍みる冬

北風が吹き荒ぶ外

暖房が嬉しい室内


例えば

季節を問わず一年中

緊張を伴う人前

恋バナしてる集団



そこに彼女は現れる

頬を真っ赤に染め

恥ずかしそうに

顔を手で覆う

かわいい

かわいい

『りんごちゃん』












まわりを見渡してみて


きっと

貴方のまわりにも





ほら

存在(い)るでしょ?

2009/10/15 (Thu)

[207] 先輩…
詩人:里雨夜 [投票][編集]

火曜日は

唯一
大好きな先輩に会える日



月曜日のお昼過ぎから

わくわく

ドキドキ

テンションは右肩上がり


1週間で最大のお楽しみ





なのに

『明日の部活休みです』

部長様からの1通のメール


テンション急降下

かなりショック

泣きそうな自分


1週間乗り切れる自信はない















こんな私の気持ちは

重いでしょうか

2009/10/19 (Mon)

[208] 片想いと変態
詩人:里雨夜 [投票][編集]

秋が深まり

木々は紅葉を始めた



夏の初めに気づいた恋は

深まることもなく

僕は動けないまま

君の夢を見ることが

増えただけ



最近思うんだ

こんな僕って

ただの変態じゃないかって



そう思うと

近づいちゃいけない気がして

余計動けなくなる












こんな僕は

怖いでしょうか

2009/10/25 (Sun)

[209] cafe始めました
詩人:里雨夜 [投票][編集]

寡黙なmasterと

恥ずかしがり屋のpieroの

街外れの小さなcafe

『piero's cafe』



不定期に

細々と更新されます





ご来店お待ちしてます

2009/10/25 (Sun)

[210] 新たな秋
詩人:里雨夜 [投票][編集]

新しい場所の秋は

寒さよりも

風が冷たくなる方が

早くて


日向にいても

身体は冷えていく



嗚呼

お日様のあたたかさが

恋しい

2009/10/29 (Thu)
422件中 (201-210) [ << 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> ... 43
- 詩人の部屋 -