ホーム > 詩人の部屋 > 新着順表示

新着順表示  〜 新着順に10件ずつを表示しています 〜


[189199] キャンバス
詩人:清彦 [投票][編集]

曖昧なプライドが

あろうことか

私を傷つけた

自尊心、自我、自惚れ

些細な事です

今となっては

陳腐な物です



風見鶏は自由か否かなんて

議論してる余地はなかった

蚊取り線香みたいに人生は

くるくる廻って

終わってしまう

そう、最初っから

解っていたから



手に取るコーヒーカップは

ただの合成素材で

こんなものが肉親や愛する人と

同じとは到底思わないんだ


ただそんじゃそこら中で

目まぐるしく廻る

育みや営みはどれ程の価値だろう


恋人と違えた喪失感は

中二病とニヒリズムを

発祥させました

ただそんな中で僅かに感じた

嬉しさや 解放感は

心というのは

実はいい加減なのだと

同じように

世の中だって良い意味で

どうでも良いのだと

時間を掛けて

教えてくれたんだよ



どうでも良いとは即ち

どれでも良いという事で

白、黒、赤、緑、青

使いこなせば良いじゃない


もう選択を拘る必要は無いかな

僕のキャンバスは

今度こそ本当に

自由の色とりどり

2015/09/19 05:39



[189198] 清く正しく、ハチャメチャに
詩人:芥子、 [投票][編集]

わかんないふりして振り回されてた
愛が欲しくて手に入らなくて
物で満たそうと躍起になってた
その、軸はどこ?核心はなに?

見えない境界線
その一歩を踏み越えた日から
「ここからは自己責任だよ」
言葉は容易に放たれるだけ
そこは無責任社会

コレって現実?夢???
リンク、できない
正常に頭が働いてくれない
日常の出来事の付箋が増えてく
君からの返信が少なくっていく

わかりきってたこと
清く正しくなんて無理
美しくなんて無理
空だって、そりゃ翳る

言葉の嘘をひっくり返して
もしここで潔く負けを認めても
これからのことだって
何ら変わりそうにない

なら、なりふり構う必要はないよ
今夜はすごくきれいな月だし
ヒールが邪魔だよ裸足でいいよ
要らない裾を引きちぎってよ

清く正しく、ハチャメチャに
本当のことを思い出せたかも
責任のない自由なんて
見せびらかすだけ
つまんない玩具だったよね

2015/09/19 04:46



[189197] ちょっと早いクリスマスソング
詩人:どるとる [投票][編集]


雪降る街は 君の思い出を映してる
大きなプレゼント抱えた子供は
お父さんお母さん早くって 嬉しそうに駆けていく

マフラー首に巻いて寒くないように
サンタクロース待ちわびた 子供は寝ないように頑張ってる

いつの間にか夢の中
目覚めたら大人になっていたみたいだ

誰の心の中にも
きっとある素敵なクリスマスの思い出

今だけ ちょっと引き出しから取り出して
のぞき込んでみよう

ちょっと早いクリスマスのプレゼント
君の心に灯すから ひもといてごらん

溢れだす 涙は あなたがまだ
子供だって 言ってる
素直さを残してる
子供だって 言ってる。

2015/09/18 20:52



[189196] いつもの二人
詩人:どるとる [投票][編集]


行ってきますとドアを開けて
今日も元気いっぱいに出掛けてく

君の背中に声かけた 気をつけてね

優しすぎるのがたまにきずのあなたは
不器用だけど何より笑うと可愛い

夕暮れの道 ふと寄り道
あなたの顔が浮かぶと
あなたに会いたくなって
駆け足で家に向かってく

ほんのささやかな君の思いが その優しさが 誰かの明日の糧になるよ

笑ってみたり泣いてみたり 時々はけんかもして それがいつもの二人です

ふんわり ふわふわ
お日さまいっぱい浴びた布団のように
今日もやわらかな気持ち オーライ

ほんのささやかな君の思いが その優しさが 誰かの明日の糧になるよ

笑ってみたり泣いてみたり 時々はけんかもして それがいつもの二人です。

2015/09/18 20:30



[189195] ただいまを言えばよかった
詩人:どるとる [投票][編集]


「おかえり ただいま」

何気なく 言葉にしているけれど

あとどれだけ言えるかな
あなたにいつまで言えるかな

エプロン姿のお母さんがドア開けて
あなたの帰りを待ちわびてたように

笑顔で今日も出迎えてくれる
そんなことも知らずに
ちゃんとまともにただいま言えなかった

家に帰ってもお母さんはもう
出迎えてはくれないよ
だってもうお母さんはいないから

もっと もっと 困らせたい
まだまだあなたの世話になりたい
でもそれもかなわない願いになってしまったんだね

ああ ただいまを言えないままの
絡まった気持ちだけが残ったまま

あなたにもらったおかえりの声だけ
いつまでも僕の胸につかえたまま。

2015/09/18 20:17


[189194] ヒーロー
詩人:どるとる [投票][編集]


六畳一間 ベランダでは家庭菜園 自給自足の家庭的なヒーロー

月5日のアルバイト 時給千円の高収入 貧しいながらも幸せです

ママチャリで近所を一周 パトロール
挨拶を忘れずに おはよう こんにちは
おまけにこんばんは

今日も あなたの住む町を ひそかに見守るヒーロー

誰も知らない覆面の下の素顔 感謝されなくてもかまわない

一人でも多くの人が笑ってくれたならそれが感謝の代わりだ

夕暮れの町 寂しくなる 人気のない町は

なんだか 切なくて涙が覆面を濡らす

明日も 明後日も この町を守るよ
心に正義の証 誰もが誰かのヒーロー

今日も あなたの住む町を ひそかに見守るヒーロー

誰も知らない覆面の下の素顔 感謝されなくてもかまわない

一人でも多くの人が笑ってくれたならそれが感謝の代わりだ。

2015/09/18 20:11



[189193] 勇気のつぼみ
詩人:どるとる [投票][編集]


雨は止むことを拒むように降る
それは命が踏ん張るように見える

最後の滴が落ちて涙が降りやんでも
心にはさっきまでの悲しみが残ってる

無理してみんな笑ってるんだろうか
生きる辛さを我慢してまで笑ってるのかなあ

もうこれ以上歩けそうもないよ
足がもつれて前に進めない

それでも生きたいと願うのは
気まぐれなんかじゃなくて

強くなろうとする心が覚悟を決めた
歯を食い縛るたくましい勇気だ

今にも花開きそうなつぼみが
必死に今を生きようとする勇気だ。

2015/09/18 20:04



[189192] 望むなら
詩人:どるとる [投票][編集]


生きていることが時々曖昧になってしまう

それは誰のせいでもなくて誰も悪くない

明日に届けと 叫んだ声はすぐに風に消えた

望むなら この世界で誰もが笑うような

幸せな未来を僕は願います。

2015/09/18 19:58



[189190] 子供が嫌がる特撮ヒーローの本当
詩人:どるとる [投票][編集]


ヒーローがながったらしく
前口上をやっている間は怪人や怪獣は手を出さない

律儀に前口上が終わるのを待ってから攻撃するから場合によってはヒーローより礼儀正しい

ヒーローはなぜか素顔を知られてはならない

以外に顔は普通だったりするし職業も自由な無職やフリーターだったりする
しかもただ働きが多い

的組織側の戦闘員はいくらでも補充可能で次の戦いのときにはさんざん苦労して倒したはずの戦闘員がバカみたいに復活している

なぜかどの特撮も最後感動巨編にしたがるから簡単にヒーローが死んだりする

あれだけやられてもヒーローの服やスーツはやぶれないし焦げあとさえもない。傷ついたりやぶれたりしてもほんの少し。

制作費を削るためにヒーローの中身はおっさんとかがやることが多い

CGを使ってもやたら光っててとにかく何が行われてるんだかよく見えない

ヒーローの決め台詞はそれほどかっこよくないし、ヒロインはそれほどきれいでもない

さらわれたり人質にされるのはいつも子供か女で男はせいぜい怪人にされるか気絶させられるかのどちらか。

2015/09/18 15:12



[189189] 色彩識別法
詩人:どるとる [投票][編集]

王様が変わってからというものおかしな法律ができはじめた。

その中でも一番おかしな法律は色彩識別という法律だ。

極端な王様は国に争いが起こらないよう徹底した平和活動と銘打ちその法律を作ったようたが、

まず、色分けされたプレートを名札のように胸につけられる。

そのプレートは濃淡の濃い青から徐々に薄くなり最後は透明に近い青がある。

濃い順から国に逆らわぬ国民にふさわしい健全な人間という基準らしいが、それはかなり微妙なものでありたまに色を間違えて処罰されるということもあった。

だが、王様はそれでもその識別法をやめなかった。

ある日、王様より上の位の王々様にあなたの識別がまだ済んでおりませんと言われたので王様は識別するための機械に自分のデータを読み込ませ結果を待った

すると機械がこう告げた。

「アナタノココロハケガレテイル。タミノカナシミニモキヅケナイヨウデハトウテイイキテルシカクナシ。ヨッテオウイハクダツオヨビシケイヲメイジル」

それを聞いた王々様は王様を断頭台で死刑にした。

死ぬ直前、助けを懇願した王様に王々様が冷ややかに言った言葉が国民を凍らせた

「オマエガジブンデキメタホウリツダロサイゴマデセキニンヲモテ」

民たちは口をそろえて言った。

「なぜ王様は自ら死んだのだろうか」

その後王様以外に王々様を見た人、あるいは知っている人はいない。

2015/09/18 15:01
5784件中 (5621-5630) [ << 561 562 563 564 565 566 567 568 569 570 >> ... 579
- 詩人の部屋 -