ホーム > 詩人の部屋 > 新着順表示

新着順表示  〜 新着順に10件ずつを表示しています 〜


[189264] 七転八起
詩人:キンタ [投票][編集]

転んだ先に四つ葉を見つける
それほどの視野を僕は持ち合わせて居ない
痛さに凹んでしまうだろう
でも凹んだ分だけ強くなり
何度でも歩き出すだろう
躓いた時にしか気付けない幸せもあるし
躓いた時にしか育たない力もある
気付けなかった幸せは歩んで探せば良い
前向きにならなきゃ見えない景色もあるさ。

2015/09/24 23:45



[189263] 愛すべき矛盾だらけの世界
詩人:カィ [投票][編集]

そばにいるよボクならきっと


友達の話なんだけどねーって
ベタな恋愛相談。

やっぱり

そう言って欲しかったなー。

なんて都合よすぎかな?

何も言わなくていいから
そばにいてくれる

って究極の愛だよねー。

なんて、一歩間違えば何考えてるかわからない人だ。

今は顔も見たくないってほど嫌いって思っても
そばにいてくれたらって願ってしまう。

怒りって曖昧。

2人で観た映画の話とかあの夏の花火とか
思い出してた。

全然違うところで泣いて

ずっと夏が終わらなければいいと
たぶん同じこと願ってた。

さよならしなきゃ

せめて笑顔のままで

愛すべき矛盾だらけの世界

君があの人みたいに
そばにいるよって言ってくれたら

少しは好きになれたのにな。



2015.9.25

2015/10/01 18:10



[189262] 怠けもののうた
詩人:理恵 [投票][編集]

いつか夢見たそれは
こんなにも難しかっただろうか

人差し指ひとつで
思いやりができると信じてた日
こんなに生きにくくなったのは
いつからだろうか

人はそれを
気持ちだけでは成し遂げられないと言い
技術だけでも成し遂げられないと言うけれど
気持ちより技術の方が勝っている気がして
結局能力の差だと、いじけたりする

追いつけないのは
努力が足りないから?

なにが足りないのか
努力も能力も
どっちもかもしれないけれど
今、一番欲しいのは
自身の力に相応なペースか
完全なる休息だろう

きっと、立派なオトナが聞けば
甘えだと言うだろう
そうだ、甘えだ

わかってる
わかってる
動けないんじゃなく
動かないんだ

けれど、もう、今の僕は
叱咤激励で奮い立たせれば動くという神話に
ついていけない





H27.9.24

2015/09/24 23:05



[189261] 
詩人:山崎 登重雄 [投票][編集]


天を仰いで 夢を描いた

神秘の点描を 意識でつなぐ

描きまくって 何度も何度も

滲んだっていい はみ出したっていい

描きまくって 書きまくって

できたら 胸の中へと落とし込む

いつの日か 磨いた言葉で詩に

そう繰り返す ただひたすらに

一生 詩い続けたい

そう繰り返す ただひたすらに

2015/09/24 22:36



[189260] 秋空の星
詩人:さみだれ [投票][編集]

あなたが眠れる詩を
私はもう 書けない
あなたに励まされた詩を
私はもう 思い出せない

誰かの幸せな詩も
苦痛に満ちた詩も
真っ青な大気の向こうへ

落葉樹は揺れる
とてもさみしそうなそれを
私はこんなちっぽけなものに押し込め
胸を張り差し出す

あなたが眠れる詩を
誰かが、誰かが、と
待ち続けるだけの毎日を

ふと思い出した今夜

コンビニの光がちかちかして
星すら見えない今夜

私の詩を読んでください
あなたの心を書いてください
もうみんな眠る頃に
あなたが眠れる詩を

2015/09/24 21:41


[189258] many thanks
詩人:チューリップの花束 [投票][編集]

ずっとひとりだった
そんな僕の人生に君が現れて僕は戸惑いを隠せなかったさ
辛いことや混乱することもあるけれど
誰かと生きる人生も悪くはないって今は思えるよ
迷いながら進んでゆくと君は言ったけれど
自分じゃないものに手を焼く人生はすてきだね
今はそう思える

2015/09/24 12:43



[189257] メッセージ
詩人:どるとる [投票][編集]


一日の終わりに降る雨は
散らかった思い出を片づけるようだなあ

余計な配慮をするくらいならば生まれたくなどなかった
産み落とされたこの悲しみに
どうか終わりがあるならば
その時、僕は命もいらないから

目を閉じて 耳をふさいだままでも

目をそらせない 聞き逃すことはできない

生きてる音や 風のざわめき 川のせせらぎ

それは 心に直接 伝わるメッセージ

かわすことのできないメッセージ

あなたが紛れもなく生きてることを

どうしようもなく証明している。

2015/09/24 12:29



[189256] ループ
詩人:どるとる [投票][編集]


平行線の上を歩くような
引かれたレールをなぞるような
そんな単純なことがすべてなら

答えに迷ったり悩んだりしなくてもよかった
幸いなことに 悲しいことに僕らは
じたばたしないといられない質です

くるくる回ってる 生と死の境を
ギリギリのラインにとどまっているんだ

いわばそれはすなわち光と影のような
相反するもの同士が奏でる美しい旋律

這い上がってはまた落ちてくような

絶え間なく 途方もない連鎖の中でも消えない光があるよ

たとえばそれが君なら僕は何ももう望まないし

これ以上何かを欲しがる必要性すらもないからね

また同じ場所に たどり着いたなら 昨日と同じ朝で

落ち合って 変わらないニュアンスで
おはようって 言えば それでいい

満たされていく 心

もて余したのは希望
言葉足らずなままに

ちぐはぐなリズムで
それは 繰り返される
神様なんていやしない

この世界にはあらすじなんて必要ない

進んだつもりで振り出しからのスタート

行きつ戻りつの旅 もどかしいループ

這い上がってはまた落ちてくような

絶え間なく 途方もない連鎖の中でも消えない光があるよ

たとえばそれが君なら僕は何ももう望まないし

これ以上何かを欲しがる必要性すらもないからね

また同じ場所に たどり着いたなら 昨日と同じ朝で

落ち合って 変わらないニュアンスで
おはようって 言えば それでいい
アイラブユーって言えればなおいい。

2015/09/24 12:20



[189255] 誰影
詩人:ふくざわゆいと [投票][編集]

哀しかった



知りたくなかった



あなたが見ていたのは 私じゃなかった



あなたの中にいる 別の誰か



それが誰なのか 分からないけど



私といて あなたはそれでいいの?



私といて あなたは本当に幸せなの?



いつからか 気付かないうちに



見えない誰かの その面影を



重ねられていただけだった…

2015/09/24 04:45



[189254] 不思議のダンジョン
詩人:ユズル [投票][編集]


たくさんのものを持って生まれてきたんだけど
全部が全部 いいものじゃない
それも いいもの 悪いもの に分けられない
ときによってそれはいいもので
あるときはそれはとっても悪いものだ

難しい問題を 抱えこんで
夢見ることだけが たよりの君が
何気なく笑ったら ほら また世界が変わるんだ
だから しがみつくには
頼りないものだけれど
その頼りなさこそが なんだか 真理な気がしてる

まよいながら 行くしかない
間違いながら 行くしかない
いつもいつも 繰り返し しんどいのは
しんどいまま なのに きっと愛おしい
悟ったような気がしたこと
きっと明日にはおさらばだ

明日には まよいながら 行くしかない
それだけが きっと 僕を支えてる

2015/09/23 23:47
5863件中 (5641-5650) [ << 561 562 563 564 565 566 567 568 569 570 >> ... 587
- 詩人の部屋 -