ホーム > 詩人の部屋 > 新着順表示

新着順表示  〜 新着順に10件ずつを表示しています 〜


[189218] 極寒結晶
詩人:千波 一也 [投票][編集]




きつく、きつく、したら
壊れてしまうかもしれないね
って
胸のうちで微笑み合いながら
重なりあう

雪の
はずだった全ての飾りは
やわらかな音のなか
硬質な匂いの
一滴となり、

主をはなれた一滴は
やがて孤高にうたいはじめる

震えて、ひたむきに、
たとえ忘れ去られても
きつく
きつく
その一瞬の永遠を










2015/09/21 14:12



[189217] 処方箋
詩人:千波 一也 [投票][編集]





弱々しい泣き声を自粛して
見上げる空に満ちるのは
サファイアの海

誰のものとも分かちがたい記憶の潮に
わたしは鼓動をそっと浮かべる

きれいな言葉も醜い言葉も
燃やしてしまえ、落日よ

思うほどには
わたしはわたしを拒絶しないから
自制の瞳はクリスタル





2015/09/21 14:11



[189216] 調度品
詩人:千波 一也 [投票][編集]




日常のなか
その特別性が
はからずも失われゆくものを
調度品といいます

ちょうど、
郷土と響きが似ています

つるりと光をなめらかに着て
都合のいい解釈に
身を委ねます



2015/09/21 14:10



[189215] 積み木
詩人:千波 一也 [投票][編集]


苦々しい喜びや
清々しい恥じらいが
わたしの背中を支えてくれる

寒々しい真実や
みずみずしい偽りが
わたしの肩を持ち上げてくれる

どうしたって
戻れないのが過去ならば
どうしたって
訪れるのが
未来たち

そうしてわたしは
完成されつつある至らなさを
なぜだか胸に抱き締める
大切そうに抱き締める



2015/09/21 14:09



[189214] 謳歌
詩人:千波 一也 [投票][編集]


花にはなんの罪もない

それは
その身が
花ではないから放れる言葉

わたしが
花であったなら
だれの命に咲き誇りましょう


2015/09/21 14:08


[189213] とりとめの無い詩
詩人:自己満足 2 [投票][編集]





私の概念は

無限と有限 それと
現在 過去 未来です

永遠とは何か? 有限の刻を刻む私には 正直 何も解りません

太陽は光を降り注ぎ
大地はその光に向かって
同じ距離 同じ速さで周期するのです

その周期が永遠だとしても
私達の時間は限られています

今 何を成すべきか?
何故 生きるのか?

時に 深く 時に 浅はかに考えます

南半球の星空 北半球の星空は全く違うと聞きました

明日も陽は登り 明日もまた陽が沈みます

私は戻れない過去に囚われ
未知の明日を過ごすのです

花が咲き
やがては枯れるように

今 輝く時を 咲き誇る時を
精一杯尽くし刻もうと…
そしてそれは概念となりました

向日葵が常に太陽に向かうように

月が満ちて欠けるように

踏み潰されても
打ちのめされても

今を全力で駆けていく

君が去っても
伝わらなくても

走れ!
足を止めるな!

折れることも負けることも
オレの概念は許さない

明日の希望

過去の思い出


全部 未来に繋いでやる

2015/09/21 01:50



[189212] 想像
詩人:ユズル [投票][編集]


そのひとときは その場所だけは
わたし以外 人のいのちはなくて
晴れた日の草原 夕焼けの湖
朽ち果てた煉瓦造りの家
ただ 流れる雲を 瞳に映し
透明な水のゆらいだ音を 聴き
寝そべって 冷たさとぬるさを感じて
いちばんフラットに 何も忘れて

あなたの瞳も 耳障りな人の声も
繊細なわたしには 恐れでしかないの
街が 未来が こわいから
その日のことだけ 考えるだけ

そのひとときは その場所だけは
わたし以外 人のいのちはなくて
そうしたら わたしはきっと 安らいで
微笑んで そして どうするんだろう

2015/09/21 01:09



[189210] LGBT
詩人:ゆにこ [投票][編集]

ノーマルってなんなの
あたしは十分正常だし
ストレートってなんなの
まっすぐにいつも君だけ見てきたよ

さいごの言葉を
もしだれかに伝えるなら
これだけは大事に持って
いかなきゃ。



それでは、今度こそほんとにサヨウナラ



2015/09/20 18:26



[189209] Bride
詩人:ゆにこ [投票][編集]

移り気な君は熱しやすく冷めやすい
知ってるよ十年来の仲だもん

新しい人に夢中になるたび
ノロケも愚痴も散々聞いたけど
どうせいつもすぐに終わっちゃうから
今まで安心してその隣で
友達やっていられた

7つも年上なのに全然
そんな気がしないよね
出会ったときからふしぎと
壁を感じなかったよね

周りが双子みたいと言ってくれた
ずっとずっと憧れてた
こんな風になれたらなって
それはすぐに確信になったよ

無邪気で純粋でやさしくて
かと思えばすごく逞しい
君はどんな子よりすてきで
魅力ばかり溢れてる

どんな人よりもカッコよくて
どんな人でも惹きつけてしまう

前途多難って解ってた
障害しかないから
諦めようとした時もあった
でも信じるものを
大事にしなきゃいけないって
いつも君が力をくれた

そして思うたびまたもどかしくなる
手に入らないものを
愛しつづける辛さと愚かさ
本当のことを言えない現状...。

今は涙もでない
心が枯れた
羽をもがれた
君があの日くれた虹色の羽根

なんでどうして
よりによってあいつ
何でどうしてあたしじゃダメなの?!

友人代表のスピーチなんて絶対ムリ!!
そんなの吐き気がするよ
あいつを殺したくなっちゃう

そしてたぶん言っちゃうかもね
本当の気持ち
結婚なんかしないでって
言っちゃうかもよ

かなりキビシイ笑えない冗談
高すぎるハードル脳が膿んでる
すべての元凶はあいつ

タイムリミットが近づいて
あたしは心ごとダイブして
夜空を背負う星になる
君だけ照らす光になる

そうすればぜんぶ
延期になるかな...なんてね
結構本気で考えてたトコロ

神様なんてやっぱお伽話だけ

いっそもう一息に死んじゃいたいけど
あの世に君はいないし
どうせ生きてたって
君とは結ばれないみたいだし

まさに生き地獄
マジで生き地獄...。

理屈じゃなくて本能で恋してた
そんな短い人生をなんとなく振り返り

総てが仕組まれた偶然で
ソレも運命と呼ぶのなら
この出会いと命を蹴ってでも
今すぐ来世にいきたいよ

そうして生まれ変わったら今度こそ
君にふさわしくなるの


ばいばい!!

2015/09/20 18:21



[189208] 一秒のお裾分け
詩人:ヨワムシ [投票][編集]

毎日を
幸せになんて過ごしたら


三日
ぐらいで飽きてしまう


だから
多少の不幸なら


一緒に
連れていくつもり


自分に
飲まれる日もあるよ


だけど
幸せな日もあるよ


一秒
幸せでいられたら


一日
幸せにしちゃうんだ


今日が
もう不幸なら


明日は
幸せになるように


僕が
お祈りするからね


明日
幸せになりますように


明日
輝いていますように


ほら
一秒ぐらいなら


幸せ
感じてこないかな


僕は
今幸せに


何秒も
包まれているんだよ。









2015/09/20 14:56
5840件中 (5661-5670) [ << 561 562 563 564 565 566 567 568 569 570 >> ... 584
- 詩人の部屋 -