ホーム > 詩人の部屋 > 里雨夜の部屋 > 新着順表示

里雨夜の部屋  〜 新着順表示 〜


[352] 残り香
詩人:里雨夜 [投票][編集]


1週間ぶりに過ごした貴方との半日は

あっという間に過ぎていった


貴方とお昼寝したベッドや

貴方が着ていたスウェットに

貴方の香りが微かに残っている


貴方が今日会いに来てくれたという証

貴方と一緒にいたという証


1週間という短いような長いような距離

慣れることができない弱い私



貴方が残していった香りに包まれて眠れる幸福


夢でまた貴方に抱きつけますように

2013/04/07 (Sun)

[351] 春が来る
詩人:里雨夜 [投票][編集]

去年は春が待ち遠しかった

今年は春など来なければいいと思ってしまう


それほどに

一緒にいれた時間が楽しかった

かけがえのない想い出が眩しいほど輝いている


春の訪れを

空の色や肌を包む暖かさではなく

胸を締め付けるような淋しさで実感する



みいちゃんがおんもに出たいと待っている

おんもの桜がはよ咲きたいと待っている


僕は空を見ながら途方に暮れている

2013/03/17 (Sun)

[350] 卒業
詩人:里雨夜 [投票][編集]

卒業式 謝恩会 飲み会


その時には沸いてこなかった実感が


暖かな昼下がりのアパートで青い青い空を見ているこんな時に

いつもと変わらない日常のようなこんな時に


胸を締め付けるなんて


およそ2週間後には新学期が始まる

大学は新入生を迎えて 僕は学年が1つ上がる


その事実が

胸をより一層締め付けるのだろう


満開の桜に 散りゆく花びらに

想いを馳せるのだろう



絶えず変化する日々に忙殺され

淋しさも和らいだころに

再会の杯をかかげよう


想い出と共に 確かに繋がっていた絆さえも褪せぬように

2013/03/17 (Sun)

[349] 旅立つ貴方へ
詩人:里雨夜 [投票][編集]

2月が3月へと変わり
季節も移り変わろうとしている

カレンダーをめくり
残された日数を数えてみる

あと12日で貴方は長かった学生時代を終える
共に笑いあった学舎を去る

あと2年私には貴方よりも長い学生生活が残っている
友ともう少し思い出を作っていける

淋しいけれど
不安と期待が混ざり合う背中を向けて歩いていく貴方を
応援しているわ

まだ学生の私が
どれほど貴方の力になれるか分からないけれど

会えない淋しさに泣いてしまうだろうし
時には不機嫌になってしまうと思う

だけど
私は貴方の傍を離れない

それだけは約束するわ


桜はきっと咲いていないだろうから
淡く優しく降る雪と共におくろう

"卒業おめでとう"

2013/03/04 (Mon)

[347] 火山
詩人:里雨夜 [投票][編集]


私の心には火山がある

私の火山は頻繁に小爆発を繰り返し

小爆発が地震をよび

やがて大噴火する

大噴火は年に数えるほどだが

小爆発は日に数回のペースで起きている


些細なことで小爆発を起こす火山だが

些細なことで休止状態になることもある


2013年2月3日
今年初となる中規模の地震にみまわれた
この地震が明日も続けば
明後日には大噴火となるだろう

そうならないように
私は溜まったものを少しでも解消しなければならない

そうだ!
明日は漫画の新刊でも買ってこよう

そして漫画の世界に身を投じよう

2013/02/03 (Sun)

[346] 終点と始点
詩人:里雨夜 [投票][編集]


努力して

苦手なことにも必死に取り組んで

目標を達成できたとき


それはこの世で一番甘美なとき


支えてくれた人に心から感謝するとき


そして

新たな目標に向かって

また一歩を踏み出すとき

2013/01/23 (Wed)

[345] 地元
詩人:里雨夜 [投票][編集]


大学進学のため移り住んで早4年

住民票も免許も住所はこっちだけど

未だに地元と聞かれれば

生まれ育った故郷を答えるんだ


まだ学生で結婚したわけじゃないし

20数年生きてきたうちの4年でしかないし

そんなもんだと言われれば尤もである


地元には両親がまだまだ健在だし

年末年始には旧友と騒いだりもする


では

地元が変わるのはいつなのだろうか


大学を卒業して地元に戻って

地元の人と結婚すれば変わらないのだろう

でも

おそらく地元には戻らないだろう


このまま多少の移り変わりはあっても

こっちで暮らして

こっちでの暮らしが地元での暮らしよりも長くなったら

あるいはいつか結婚して家庭を持ったなら

こっちが地元となる日が来るのだろうか


ふとそんなことを考えて

地元に帰る機会を大切にしようと思った

真冬の真夜中

2013/01/13 (Sun)

[344] 2013年抱負
詩人:里雨夜 [投票][編集]


小さな幸せに気づく

噂に惑わない

そんな人でありたい



少し重いくらいの負荷

少し高いくらいのハードル

自分に期待してみようか?




塵を努力に

ローマを銘に


できるかな...

2013/01/08 (Tue)

[343] 2012
詩人:里雨夜 [投票][編集]


いっぱい遊んで
そこそこ勉強しました

いっぱい笑って
たまに泣いて 次の日にはまた笑いました

コミュニティが固定されていく中
少ないけれど 新たな繋がりもでき
力及ばず 消えてしまったこともありました


それなりに忙がしく
すでに覚えてないこともあるけど
それはそれということで...

反省することも多々あります

だけど
今年も良い一年だったと言える


来年もよろしくお願いいたします

2012/12/31 (Mon)

[342] いつの日か
詩人:里雨夜 [投票][編集]



ずっと一緒にいよう


今はまだ口約束でしかないけど
お互い社会に出て 責任を負えるようになったら
左手の薬指に誓おう

そして
いつしか誓いが義務にならないように
忘れずにいよう


会えなかったときの哀しみと
会えたときの喜びを

2012/12/28 (Fri)
421件中 (71-80) [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> ... 43
- 詩人の部屋 -