ホーム > 詩人の部屋 > 椿 みなと(元 華々)の部屋 > 投稿順表示

椿 みなと(元 華々)の部屋  〜 投稿順表示 〜


[165] がむしゃランナー
詩人:椿 みなと(元 華々) [投票][編集]



僕らは走る
がむしゃランナー

人生という名の
ロードを駆け抜ける
がむしゃランナー

素敵な素敵な
がむしゃランナー


2010/02/10 (Wed)

[166] 涙 と 笑顔
詩人:椿 みなと(元 華々) [投票][編集]




誰もが持っている
ひかり輝くダイアモンド



2010/02/15 (Mon)

[167] 紙ふうせん
詩人:椿 みなと(元 華々) [投票][編集]



お空にむかって
おひとつ ポン



お空にむかって
もひとつ ポン



ポン ポン ポン



風に恋して
いっちゃった



2010/03/29 (Mon)

[168] 忘れない 忘れないよ
詩人:椿 みなと(元 華々) [投票][編集]




忘れない 忘れないよ

君がくれた言葉

忘れない 忘れないよ

君がくれた笑顔

忘れない 忘れないよ

君がくれた時間

忘れない 忘れないよ

君と過ごした季節

忘れない 忘れないよ

君と吹かれた風の香

忘れない 忘れないよ

君と見上げた空の色



忘れない 忘れないよ

すべて すべて…



君とのことは

色褪せることなく

これからも

色づいていくよ

君は僕にとって

大切な人だから

大切な人だから




2010/04/16 (Fri)

[169] 洗濯機
詩人:椿 みなと(元 華々) [投票][編集]




いろんなことが


いろいろで


僕のココロと頭は


ぐるぐるまわる


洗濯機



2010/04/19 (Mon)

[170] 新しい朝の始まりの時に…
詩人:椿 みなと(元 華々) [投票][編集]


ひんやりと冷やされた
朝方の空気を作る風に吹かれ
思うのは何気ないこと

遠くのほうで
赤く染まる空を
ただただ ぼんやりと
眺めながら
ぷかり煙草を吹かす

今日はどんな1日に
なるのだろうか

些細なことでいい
何かを見つけて
いい日にしよう

なんて

こっそり自分の心と
誓いをたてる

もうすぐ夜明けだ
静かに始まった
新しい1日の始まりに

そっとそっと
感謝した



2010/05/16 (Sun)

[171] ウラハラ
詩人:椿 みなと(元 華々) [投票][編集]




本当は
なりふり構わず
泣きじゃくりたいのよ

だけど
不思議なものね

何故か
笑っちゃうのよ



2010/05/17 (Mon)

[172] 
詩人:椿 みなと(元 華々) [投票][編集]




きらり、と
輝いてるものだけが
美しいとは限らない

石ころみたいに
輝いていないものも
きっと きっと 美しい



2010/05/23 (Sun)

[173] 道端に咲いていた花
詩人:椿 みなと(元 華々) [投票][編集]




道端にひっそりと咲く
一輪の花を見つけた

その花は小さくて
黄色い花びらをつけていた

そっと匂いを嗅ぐと
優しい香りがした

固いアスファルトから咲く
とてもとても
小さくて黄色い花

だけど
孤高な香りを放つ
その花に

わたしは勇気をもらった


目立たずに華麗に咲く
その小さく黄色い花に

わたしは
確かに勇気をもらった

この花のようには
なれないかもしれないけど

この花のように
生きたいと思った

ねぇ聞いて

固いアスファルトから
咲いていた
小さく黄色い花は

確かに
そこに華麗に咲いていて
孤高な香りを
放ってたんだ

まるで
僕らを励ますかのように



2010/06/09 (Wed)

[174] Baby-smile
詩人:椿 みなと(元 華々) [投票][編集]




バスの中で
赤ちゃんを見た

まんまるな瞳
もみじみたいな
小さな手

私が笑いかけると
赤ちゃんが笑った

それを見ていた
赤ちゃんのママが笑った
バスの運転手さんも笑った

そして
周りの人たちも笑った

素敵な笑顔に
バスの中が包まれた

こんなにも
多くの人を笑顔にできる
君の笑顔
とても素敵だよ

これからも
その素敵な笑顔を
忘れないでいてほしいな

私はまた
赤ちゃんに微笑みかけた

きゃっきゃっと
無邪気に笑う
その子の笑顔に

私は大切なものを
学んだ気がする


Baby-smile
君の笑顔は
ダイアモンドのように
輝いていたよ
まぶしかったよ

素敵な笑顔をくれた君に
心から ありがとう



2010/06/09 (Wed)
247件中 (91-100) [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> ... 25
- 詩人の部屋 -