ホーム > 詩人の部屋 > NONAMEの部屋 > でんでんむし

NONAMEの部屋


[396] でんでんむし
詩人:NONAME [投票][編集]

六月も終わりに近づき

梅雨入りしたものの少雨で

だらだらと季節をひきづっている午後

もう閉店した道の駅の駐車場

紫陽花も盛りを過ぎて

大きな葉にでんでんむし

そう言えば昔

この頃に別れたっけ

この世で最も愛したひと

行方も生死もわからない

今は 三度目の結婚をし妻が居る

なんで三度もしたんだろう

懲りない男だ

そう でんでんむし

のらりくらりと この梅雨のよう

家に帰れば あらここにも

居るよ でんでんむし

話しをしても 声をかけても

全っ然 全然

でんっでん

でんでん無視

でんでんむし

2017/06/27 (Tue)

前頁] [NONAMEの部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -