ホーム > 詩人の部屋 > 理恵の部屋 > 昼夜に照る

理恵の部屋


[129] 昼夜に照る
詩人:理恵 [投票][得票][編集]



冷たい風が凛と吹き、
木の葉が空を旅してる
ひらりひらりと上下(うえした)へ、
くるりくるりと右左

冷たい風が凛と吹き、
木の葉が空を旅してる
かの町のカフェの前、
山羊の歌に耳をすませ

お日さまが笑う知らぬ道
くるりくるりと
ひらりひらりと
ちゅうぶらりんの空の旅

冷たい風が凛と吹き、
木の葉が空を旅してる
波がぬうっとふくらんだ、
港町では大漁だ

冷たい風が凛と吹き、
木の葉が空を旅してる
かの本屋に佇んでいる、
あの閑けさに耳をすませ

月が波に揺られる頃
ひらりひらりと
くるりくるりと
舟の旅をはじめます

次はなにに導かれ
だれのうたを聞きましょう






2018.10.20

2019/12/01 (Sun)

前頁] [理恵の部屋] [次頁]

- 詩人の部屋 -