ホーム > 詩人の部屋 > aiの部屋 > 労働基準

aiの部屋


[130] 労働基準
詩人:ai [投票][得票][編集]


仕事が救いで我武者羅に働く
安月給もらった日には
夕食をグレードアップ
疲れを感じ指で数える休日
でも肝心な
休日の過ごし方を忘れてしまった
人を愛することが幸せだった
もっと仕事がしたい

2019/02/14 (Thu)

前頁] [aiの部屋] [次頁]

- 詩人の部屋 -