ホーム > 詩人の部屋 > あいるの部屋 > crawl

あいるの部屋


[295] crawl
詩人:あいる [投票][得票][編集]


大成することが
大人や成人なら
抗うのは言い逃れできない
人の間だけでいい


かなしみをせおって
どこまでおよぐ?


光はお腹をすかして
たいらげれば涼しい夕べ

温度差にまぶた綴じれば
栞のように
胸にしまいきれない気持ち


決壊した眩しさ
でも、そのかなしみを手離すと
息継ぎを忘れてしまうよ


波の満ち引きは
ボクらによく似てる


幼さは幻
そう言えたなら
逆らうのは運命だけで
いいのかもしれない


reiwa2019

2019/05/28 (Tue)

前頁] [あいるの部屋] [次頁]

- 詩人の部屋 -