ホーム > 詩人の部屋 > 音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋 > もう聞きたくない

音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋


[157] もう聞きたくない
詩人:音無詞 詩(元 小さな貝がら) [投票][得票][編集]

耳を塞ぎたくなる
聞けば
悲しくなるから

まるで迷惑みたいに
聞こえてしまう

私にとっては
とても優しくて
とても気が利いて
とても良い子なのに

この子がいるだけで
…と何かにつけて
悲観的な言葉ばかり
聞きたくない

私の中で
十月十日の月日を
過ごし
この世の中に
生まれて来たと
いうのに

我が家に明るさを
運んでくれた
我が天使を
悪く言うのは
もう止めて

私がこの命ある限り
守り続ける
愛しい我が子

By 小さな貝がら

2007/09/23 (Sun)

前頁] [音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -