ホーム > 詩人の部屋 > 音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋 > ボタン

音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋


[447] ボタン
詩人:音無詞 詩(元 小さな貝がら) [投票][編集]

部屋の隅っこに
転がってた君のコートの
ボタン一つ

懐かしい匂いに
僕は一人胸を痛めて
後悔した

あの日たわいない事
だったはずなのに
子供みたいに許せずに
ケンカしたままだった

君の残した
小さな忘れ物が
君の笑顔を
思い出させて

そして僕に一番大切な事
教えてくれたありがとう

僕はこのボタンを
紙に包んで君に渡そう
僕の奥にあり続けた
言えなかった言葉と共に

By 小さな貝がら

2009/04/03 (Fri)

前頁] [音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -