ホーム > 詩人の部屋 > 音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋 > 壊れたオモチャ

音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋


[516] 壊れたオモチャ
詩人:音無詞 詩(元 小さな貝がら) [投票][得票][編集]

あの日私は
君を確かめるように
泣いてみたり
そっぽ向いて
怒ってみたり

私だけを見て欲しかった
私だけを大切に
して欲しかった
私だけを
愛して欲しかった

何処にも行かないように
抱きしめて
私だけを見て欲しかった

天秤にかけるように
君を操って
君が私から
離れないようにして

壊れてた
心が壊れてた

壊れてた心は
誰でも
良かったのかのように

蜜を欲しがるみたいに
私はただ乱れた
壊れたオモチャみたいに

音を立てて崩れた
君の中で崩れた

By 音無詞 詩
☆2010年5月作☆

2010/05/21 (Fri)

前頁] [音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -