ホーム > 詩人の部屋 > 音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋 > 天国に願う

音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋


[553] 天国に願う
詩人:音無詞 詩(元 小さな貝がら) [投票][得票][編集]

棺の中に眠るあなたは
綺麗な顔をして
まるで
眠っているようだった

この現実を目にしても
まだ信じられなかった

外は冷たい雨が降った
あなたが愛する人と
別れる寂しさ
表すように

シトシト シトシト
降り止まなかった

雨は無情に
咲き出した
桜を散らすのかな

桜の綺麗な姿
あなたは見れないから
余計泣いているのかな

明日棺に
あなたの足となる
義足入れられるかな

天国で歩いて
桜見れたらいいね

安らかに安らかに
天国よ守って下さい

By 音無詞 詩
☆2011年4月作☆

2011/04/10 (Sun)

前頁] [音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -