ホーム > 詩人の部屋 > 音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋 > ずっと居るから…

音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋


[572] ずっと居るから…
詩人:音無詞 詩(元 小さな貝がら) [投票][得票][編集]

ねぇ 一人きりで
寂しそうに
俯いて歩かないで

壊れそうな
私の心
支えてくれた
私の大切な人

私泣き虫で弱虫で
凹みやすくて
何一つ
良い所ないけど

私が君の傍にいて
君の辛そうな
気持ち聞くから

お互い辛い過去
沢山あるから
泣きたくなる時
気持ち落ちる時
沢山あるけど

でも戻らない
過去を語っても
悔やんでも
もう
どうしようもない

過去の辛い事
背負いながらも
イヤでも
明日は
やってくるから

だから
私が
君のその荷物
半分持つから

もう辛そうに
寂しそうに
俯いて歩かないで

私が此処に
ずっと居るから…

By 音無詞 詩
☆2012年5月作☆

2012/05/12 (Sat)

前頁] [音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -