ホーム > 詩人の部屋 > 音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋 > 氷のドレス

音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋


[593] 氷のドレス
詩人:音無詞 詩(元 小さな貝がら) [投票][得票][編集]

あなたとたわいない事
話してただけなのに

いつも愚痴聞いてくれて
励ましてくれる
あなたをいつしか
好きになって…

私ダメだよね
ただあなたを思いすぎて
もっとあなたを
知りたくて

私ダメだよね
ただあなたを思いすぎて
もっとあなたと
話したくて

氷のドレス着たように
なんだか寒くて寂しくて
氷のドレス着たように
なんだかとても泣きそうで

ただ優しくただ愛して
温めて欲しかった…
ただ優しくただ微笑んで
傍にいて欲しかった

ごめんね必要以上に
あなたを求めてしまって

あなたがいなくなってから
氷のドレスは私を
突き刺すみたいに
心を苦しめてくだけ…

By 音無詞 詩
☆2014年9月作☆

2014/09/11 (Thu)

前頁] [音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -