ホーム > 詩人の部屋 > 音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋 > 婚姻届

音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋


[601] 婚姻届
詩人:音無詞 詩(元 小さな貝がら) [投票][得票][編集]

ずっと私の心の奥底にある人の
名前が横にあればいいななんて
叶う事ない淡い夢

あの時「好きです」と
告げていればどうなっただろう…

子供だから
認めて貰えなかったかな

だけど好きだった
あなたがとても好きだった

自分の中で
たった一人の人だと
感じたけど

儚く散る桜のよに
叶う事なく
月日は過ぎて

でも
心にずっと
今もいる
あなたを忘れられない

憧れのこの紙を
書く事もなく
時は過ぎ行く

もう残る時間
生きていて
あなた以上の人など
見つかるわけなんてないよ

さよなら さよなら
私の大切な人よ
さようなら

By 音無詞 詩
☆2015年8月作☆

2015/08/30 (Sun)

前頁] [音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -