ホーム > 詩人の部屋 > 音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋 > たった一人の味方

音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋


[611] たった一人の味方
詩人:音無詞 詩(元 小さな貝がら) [投票][得票][編集]

辛い時優しい風が
君の髪を撫でてくれている
泣きそうな時も
高い空から温かい太陽が
照らしてくれる

誰一人友達居ないと
嘆くなと
私だけ一人ぼっちと
嘆くなと

心を照らしてくれている
この太陽がたった一人の
私の味方

雨の日は一休みしよう
お茶でも飲みながら
又晴れてくれるの
待とう

雨が止んだ後
虹が出るかも
しれないから
窓を見ながら

By 音無詞 詩
2019年1月作

2019/01/27 (Sun)

前頁] [音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -