ホーム > 詩人の部屋 > 音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋 > アンビバレンス

音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋


[614] アンビバレンス
詩人:音無詞 詩(元 小さな貝がら) [投票][編集]

解ってくれとは言わない
だけど解って欲しい

相反する感情
だけどそれが真実

どんなに強がってても
一人で居られない

ほっといてって呟く程
誰かの愛を欲しがってる

相反する感情
だけどそれが現実

ほっとかれて
傷つく程辛い事は無い

私は所詮
一人きりじゃ
生きていけない弱虫

私なんて我儘
私なんて嫌だ

だけど誰よりも
愛を探している
そして誰より
愛を求めてる

仮面を脱いだら
楽かも知れない
だけど弱さを
見せられない日もある

相反する感情に
苦しめられて
一人辛くして
涙を閉じ込めた

解ってくれとは言わない
だけど解って欲しい

一人で居ても
優しさという
温もり探している事

By 音無詞 詩
2019年3月作

2019/03/14 (Thu)

前頁] [音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -