ホーム > 詩人の部屋 > さみだれの部屋 > むだい

さみだれの部屋


[934] むだい
詩人:さみだれ [投票][得票][編集]

臓物を撒き散らして
生きていたと言う
それがどんな内臓か
知らないうちに死ぬ
喜びましょう
人と繋がれた幸せ
願うものの黄昏
私の背に
それはある

君が願うそれを
肯定するために
私はチップを埋めた
右手首に

分かり合えない可能性を捨てたなら
喜びましょう
私の内臓を
あなたは知るんだ
私が死んでなお
臓物を撒き散らして
ただ
チップにはあなたはいないのだけれど

2019/09/08 (Sun)

前頁] [さみだれの部屋] [次頁]

- 詩人の部屋 -