ホーム > 詩人の部屋 > aiの部屋 > 投稿順表示

aiの部屋  〜 投稿順表示 〜


[1] 曇り空
詩人:ai [投票][編集]

深夜
静かなスコール
無言の「助けて」
濡れた睫毛

目覚めれば
唇に
キスの嵐

外は馬鹿みたいに晴れた
五月のことだった

「晴れ男」
そう名付けたら
彼は少し喜んだ

雨はやんだのに
私の心はずっと
曇り空

2009/07/01 (Wed)

[3] てんとう虫
詩人:ai [投票][編集]



眩しいくらい晴れた
春の日の朝だった



小さい てんとう虫
「良い事があるんだよ」
大きく優しい背中


あの人のもとへ
春風に放て
もう一度


眩しいくらい晴れた
春の日の朝に

2009/10/10 (Sat)

[5] しゅう
詩人:ai [投票][編集]

小さないびき
小さな部屋に響いて
好きにかわった

眠れない私
大切な人の事を考えて
息を止めて流した涙

嘘の眠りを演じた私は
すごい女優
女は嘘が上手いのね

髪をぽんぽん 優しく二回
涙の跡をなぞって
おでこに温かい唇

忘れやしない
一生の記憶

何も言わずに
私を女優してくれたのは
嘘つきで優しい
しゅう


ごめんなさい
言えたらよかったな

2009/11/10 (Tue)

[6] 手相占い
詩人:ai [投票][編集]

不吉な手の平も
油性マジックで線を描けば

ほら ね。
幸の運勢

生命線も
太く

何事も成せば成るんだよ

あなたは言った
私は手の平を見て頷いた




いつかきっと
ほら ね。って

2010/01/27 (Wed)

[7] 赤と黒
詩人:ai [投票][編集]

私の鞄についてた
てんとう虫
「良い事があるんだよ」

てんとう虫は
幸せだから
逃がしてあげる
優しい背中を見ていた

私は彼を
苦しめてしまった
私は彼を
苦しめた

私の病
彼の体
入り込む

私は彼の人生を
狂わせた

ごめんなさいと一言
言えない私が許せない

怖い
憎い
自分自身
誰にも言えない

なぜ生きてる?
淋しすぎるね



てんとう虫
赤は血
黒は罪

良い事ってなに?

2010/02/03 (Wed)

[12] わかれ
詩人:ai [投票][編集]


あぁ…
多分こんな感じで
呆気なく静かに
目の前から
消え去るのでしょう

あぁ…
多分こんな感じで
現実が非現実のように
淡々と周りは進んでて
悲しみも忘れ去るのでしょう


大切な人よ
生まれかわったら
また逢いましょう

2010/03/25 (Thu)

[15] ぶぅちゃん
詩人:ai [投票][編集]

朝の目覚め
目を開けたら
君と目が合った

君は男の子
君は桃色の肌
君は柔らかい
君は細長い

今朝の君は
ちょっと笑ってる?
可愛い ぶぅちゃん
大好きだょ

2010/04/23 (Fri)

[18] 私の好きなもの
詩人:ai [投票][編集]


甘い洋菓子
オムハヤシ
ガムテープのにおい
オキシドールのにおい
炭酸が抜けたサイダー
にぃ62%
映画鑑賞
求肥


毎日 毎日 疲れる
毎日ひとつ
好きなものを味わえたら
それは幸せ

2010/07/18 (Sun)

[21] 生身
詩人:ai [投票][編集]

負けないように
強がって笑う


でも本当は
すごく 怖い


助けてください と

2010/08/28 (Sat)

[23] 運命
詩人:ai [投票][編集]

きっと運命
あなたと私は
遠い昔から繋がってた

結ばれなくても
どこか遠くでかたく
結ばれてる

「優しい」
それは違う
責任のようで…
責任ではなく…

ただ
放っておけない

本当は悲しい
とても悲しい
だけど安心する
だから言わない


好きとは違う
大好きとも違う
大切じゃないけど
どうでもよくない
幸せであってほしい
笑顔でいてほしい

愛は知らないけど
この感情が愛なのかな



この身体が無くなっても
きっとまた巡り会う

深く深い

あなたと私は

運命

2010/10/13 (Wed)
81件中 (1-10) [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
- 詩人の部屋 -