ホーム > 詩人の部屋 > 理恵の部屋 > ランダム表示

ランダム表示  〜 理恵さんの詩からランダムに表示しています 〜


[194289] しあわせ
詩人:理恵 [投票][編集]

雪が溶けた
手のひらで

何もつかめない気がした
何も残らない気がした

踏みしめた足跡に
黒い粒が顔を出す

手は白い雪をかすめて
足は躓く石を見つけただけ

息を吐いたら
目の前はかすんで

かじかむ手を
暖める勇気もなくて

ただ、悲しくなった。






2018.1.23

2018/01/23 (Tue)

[次の詩を表示する]

- 詩人の部屋 -