ホーム > 詩人の部屋 > 清彦の部屋 > 投稿順表示

清彦の部屋  〜 投稿順表示 〜


[41] 平穏な日の下に
詩人:清彦 [投票][編集]


呼吸を止めると同時に

昨日へ吸い込められていく

生きる事を一瞬拒絶したみたいに

瞼ごと全て閉じて



あの眩い光の彼方何処かに

必ず色濃く影がある


忘れる事を許してはいけない事

どんなに踊り踊らされていようと





 

2012/05/19 (Sat)

[42] 太陽
詩人:清彦 [投票][編集]

堪えているんだね

押し潰されそうな程の

深い悲しみを


そっと時を取り戻すように

僕の胸さえ震えた



遠く永く

言えなかった

確信には至らなかった


けれども決して

望まないさ

確信した今だからこそ



嗚呼 青い空

決して奪われる事も無い

心 この歌声


ねえ 日々は

時に残酷だとしても

その笑顔

眩しい瞳

僕は確かに君に惹かれていた


記憶の中で

激しく輝いている

太陽の光を浴びるように

君はまた幸せに

満ち溢れるさ



 

2012/06/28 (Thu)

[43] 絵空事
詩人:清彦 [投票][編集]

この通り道

覚えてるよ


懐かしい音楽と匂いが

込み上げるさ



あの頃といえば

思っていた事は

美しくて嘘も偽りも無い

純情だったな



けれどもどうしてだろう

いつも刻まれてるのは

悔しい程やりきれない鼓動

窮屈さえ慣れてしまいそうな

現実にぶつかり続けてる



そして

届きそうで届かない

絵空事ばっかし聞こえて来る

もう うんざりさ

いい人ごっこは


これ以上うだうだ

やってる時間は無い



僕が流した涙なんかで

一体誰かが救われたりしただろうか

答はいつも気まぐれ

明日何て言ってるか

わからない物だぜ



僕が叫んだ言葉なんかで

一体何が変えられただろうか

導いたと思っても

それは気まぐれ

あなたもいつか

そんな事忘れちまってるさ




 

2012/07/02 (Mon)

[44] 優しい夢
詩人:清彦 [投票][編集]


君に心 捕らわれの身さ

呼吸さえ 君の物

自分の身体のはずなのに

今じゃ上手く扱えない



嗚呼

君に歌を 書きたいや

休日の朝みたいに

優しい歌



霧雨の虹に乗り

遠くへ出かけよう

見下ろした視界は

彩りの傘の水玉




優しさは君の為の特別な感情

ふたりを運ぶ為の






 

2012/07/02 (Mon)

[45] 近況(届かない)
詩人:清彦 [投票][編集]


人生を狂わされる気がした

初めて会った時から

予感していたんだよ



激しく揺らめいてスリリングな

小さな炎のような魅力だったよ

甘い時間を思い切り過ごしたね 勘違いも気付かずに続けてきたね




こんな風な言葉が

燃え尽きた証

どんなに必死こいて語っても

所詮オトコオンナニンゲン

笑っちゃう結末





その後の話と来たら

もっと滑稽で酷い

笑えるエピソードもそんな無いし

オチだって考える事自体が怖い



相変わらずオマエとは音信不通だし

欲張っても俺は俺だしさ

頑張ってせっせと生きてくのだけど

面白くないがきっと忘れられないって感じさ



 

2012/07/02 (Mon)

[46] 今更
詩人:清彦 [投票][編集]


やり直すなんて

正直ゴメンだけど

声が聞きたい

もう一回君を抱いてみたい



愛してるって言葉なんて

バカバカしく
なってしまったけれどさ



ちょっとさ、

元気してる?

ご飯食べてる?

もう誰かと出会った?



ごめんね

嫌いって思ってるけど

心の何処かで

好きみたいなんだよ



 

2012/07/04 (Wed)

[47] 聞こえない詩
詩人:清彦 [投票][編集]


僕の詩がどうしても

少し哀しげになるのは

いつも叫びたい事が

哀しいからじゃない



詩なんか歌ってる場合じゃないくらい

楽しい時には

笑ってるから



この いくつもの

時の中で刻んだメロディの裏側

ただ 笑ったり怒ったり

泣いていたのさ

誰かと一緒に



そして

これからもきっと

聞こえない詩

溢れていくだろう



 

2012/07/10 (Tue)

[48] カーテン
詩人:清彦 [投票][編集]

窮屈だからさ どうせならと

カーテンを閉じた

隠れんぼのように

余計な不安がまとわりつく


捜し続けたものは

焦る程 夢中になって

そのたび見えなくなって

気付いたらここまで歩いてきたよ


隔たりなど実は無い

きっと いつも同じ

言い訳に疲れ飽きたら

カーテンを開けて外を覗いてみてよ


言葉ばかりをもて余して

見るもの選べたからさ

ふいに気付いて立ち尽くした

何を探していたっけ


隔たりなど実は無い

きっといつも同じ

行き先が決まらなくとも

靴ひも結んでドアに手をかけた

捜してた何かを見つけだしに行こう

2012/08/23 (Thu)

[49] 潜水
詩人:清彦 [投票][編集]

流れたのか溺れてきたのか

今はそれとなくここにいるけど

あなたにはどう映っていますか


窮屈の連続に時々耐えられなくなって

逃げるように 向かうように

繰り返した別れ

一通り考えたら

好きだった人ばかり

浮かんで来るんだよ


声を荒げ過ぎて 声が霞んだ 夜

ひとしきり笑った 後の虚しさ



いつからか聴いていた

あの人の歌

嗚呼

ああ…

あんな風に言葉は上手く操れはしないけど

叫びだしたら 儚くて 悲しくて 嬉しくて

壊れそうで 壊したくて 苦しくて





きっともがいているんだろう

浮き沈み繰り返しながら

息を大きく吸い込んだら

今度はもっと深くまで



2012/08/27 (Mon)

[50] ガラクタ
詩人:清彦 [投票][編集]


お元気ですか

あなたにはしばらく 逢えてないけど

とりあえず僕は毎日をせっせと生きています


恐らくこの空は ずっとただの模様でしょうね

相変わらず雲は自由気ままに流れてやがる


立ち止まって見つめた

雑誌のグラビアの表紙

捨てきれない ガラクタを

抱え込んで 飛び込んだ あの日


瞳を閉じる

この 目に映る全てを

塞いだ時 世界は

暗闇なんかでは無くて

ぼんやりと 日々 あの日々


興奮冷めやらぬ鼓動

いつだって気まぐれに

怒りと衝動で時は動いていました


そうでした



怒り 怒り 嫌悪して

捨てられるものなんて

腐る程 在りやがる

2012/09/09 (Sun)
174件中 (41-50) [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> ... 18
- 詩人の部屋 -