ホーム > 詩人の部屋 > 清彦の部屋 > 投稿順表示

清彦の部屋  〜 投稿順表示 〜


[71] 泣いたよ
詩人:清彦 [投票][編集]

ただ通りすぎて行く景色を

アホみたいな顔で見送っていけば良い

ただでさえ世の中は目まぐるしいのに

足りないものを探すのはおこがましい


通りすがりの自動販売機も

立ち尽くす姿はまるで僕らのよう

何もなかったような振る舞いで

ガタンゴトン言っている


めぐるめぐる 季節のどこかで

確かに感じる君と過ごした

一瞬の出来事

僕は夢中だったよ

そうまさに夢の中だったんだよ

目が覚めて 僕は泣いた


なあ 夢の中じゃ王子様だったのに

見渡せば部屋はゴミで散らかってる

何があったって

それが現実だって頷いて

もう 目が覚めて 僕は泣いた

2013/07/30 (Tue)

[72] たんたん
詩人:清彦 [投票][編集]

ああ、考え始めたら

足元がおぼつかない

世の中はこれでいいのか

僕は何故まだ生きてるんだろう

きっと惰性だよ ただの


詩が書けないし

歌は歌えないよ

空は相変わらず青いし

思い出は何時だって美しいさ


暴力的な衝動は消えたけど

良いも悪いも無くなって

僕はなんとなくぼんやりと

毎日をこなすだけ

2013/12/13 (Fri)

[73] ルーム
詩人:清彦 [投票][編集]

近頃はよく眠れます

部屋は相変わらず散らかっていて

窓の光はカーテンを貫いて

煙草の煙が空中で踊っています


染み付いたこの暮らしに

呆れながら成れ果て

昔の事を平気な顔して

ベラベラ喋って生きるのです


今日 また明日が来る事わかって

どうしようもないから

全部もう 無しにしてしまいたい

しがみつくものなんて

どうせろくなもんじゃない

手ぶらで何処にでも行ける

さすらいの人に憧れるのさ



2014/04/15 (Tue)

[74] 幻みた空
詩人:清彦 [投票][編集]


全て嘘っぱちだから

何でも良いってことは

何にも無いって事さ


君が笑って 僕が見つめて

何度だって繰り返す景色さ

痛みをそのたび思い出すんだ


どうなったって良くなんかない

幻なんかじゃないのさ


そして

今日がまた

過ぎてゆく


雲が空を流れるみたいに


そして

君がまた

去ってゆく


まるで昨日の雨が

嘘のように

2014/04/20 (Sun)

[75] あの時と同じ空
詩人:清彦 [投票][編集]

大人になるってことは

こんなショボい事なのか

誰かにとって都合の良い奴になるほど

立派な人なんて言われちゃうのか


何が一番恐ろしいって

自分自身自覚が無いこと

興奮も安心も快楽も

全部遠ざかっているってのによ!



殺したいほど愛してた人が

いたなんてもう忘れてしまって

何の変鉄も意味も無い毎日に

流されるまま沈んでゆく



お元気ですか?

泣きたくなるような夜空の人

まだあの痛みを覚えていますか?


あの暗闇に吸い込まれてしまいたいと

時々こうして

立ち尽くしてしまうんです


2014/04/22 (Tue)

[76] 明かり
詩人:清彦 [投票][編集]

誰か隣にいてほしい

寂しさにやられてしまいそうさ

こんな夜をいくつも

過ごしてたんだ お前の面影と


苛立ちと退屈

舞う煙は衝動の波なのさ

思い上がりと現実

打ち付けられて知らぬ間に

止まっていたみたいだ



久しぶりに誰かを

好きになってしまったんだ

恐ろしい程の痛みが

懐かしくて苦しいよ


そうだ

こんな風にずっと

生きていたね

痛みとは裏腹に

焼けつく心臓が心地いいさ



そうだ

あの曲をもう一度 口ずさもう

夜空に光をつき刺すように


何度でも 心に 記憶に

蘇る幼さ


こんな風にずっと

生きていたよね

苦しみとは裏腹に

焼けつく心臓が 心地よくて

声に溢れてしまう

2014/04/22 (Tue)

[77] お前がいた夏
詩人:清彦 [投票][編集]

なんて意味のない毎日だと

さ迷い叫んでいたのさ

そりゃお前に比べりゃあ

どこもかしこも退屈で仕方ない


窓に浮かんで滲む雫

乾かない洗濯物

ひとりじゃあ上手に

生きていけないよ



分かち合う事や

抱き締めてしまいたくなる衝撃も

放棄しては きっといけない

恐らくずっと

知らないふりしては

時々気づいていたんだ

お前がいた夏を もう忘れて

歩き始めなくちゃ

2014/04/22 (Tue)

[78] 細い路地で
詩人:清彦 [投票][編集]


思い返せば それなりに

自分らしく 過ごしてきたのだろう

あの頃の夢には遠く及ばないけど

流されながらもいつも

もがいたりしがみついたり逃げたり


くだらなく笑う間に

歩き煙草も出来なくなっちまった

寒さを堪え忍ぶように

知らぬ間に身体を小さく

丸めて歩く道



あらゆる声

ふりほどいて走り去る有り様

馬鹿らしいぜ

いつも何かを見たくて

空を見上げるのさ



2014/04/22 (Tue)

[79] 僕の過去を照らす人
詩人:清彦 [投票][編集]

通りすぎていった景色を

確かに覚えている

痛みの分まで深くまで響くから


暗い夜の空に ぼんやり浮いた月

離れていても同じように

見えているはずなのに


もう あなたが好き

懐かしい想いや

痛みも溢れてきて

恐れていた通りに 今 苦しむのです


ふざけるように

ごまかしてきた

あなたと一緒に笑っていたんだ

その眩しさを見つめていた

遠くに置き去りにしていた

歌を口ずさみながら


藍色だって夜空に向かって

叫んで見ていた空に

あなたが今 輝いて浮かんだ

愛しい程 光るのです

僕の事を照らしているのです

2014/04/24 (Thu)

[80] 僕は過ちを繰り返す
詩人:清彦 [投票][編集]

気づけば

いつも思い出なんて

ねじくれていって

忘れてくんです


計ったら違うように

明確な基準が無いから

心は辛いんです


あなたが誰かのものに

なろうとしている事は

理解できたのに

間違いはこんな時に限って

起こるもんです



あなたを好きになってしまった

何も関係無いはずの立場だったのに

胸に穴が開いた

鈍感な僕の身体を突き破ったのは

愛しさよりも先に痛みでした


矛盾は何度でも生まれるみたいだ

ああ、

また 始まってしまった

2014/04/26 (Sat)
174件中 (71-80) [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> ... 18
- 詩人の部屋 -