ホーム > 詩人の部屋 > あいるの部屋 > ブレンドコーヒー

あいるの部屋


[298] ブレンドコーヒー
詩人:あいる [投票][得票][編集]



まだ2019だって勘違いしてる扇風機に
立夏だと囁いて
湿気た空気をスクランボー

決壊することなく
涙を吸い続けた枕
でっかちなのにスカスカ
低反発から猛反発
ボクの頭をひっぱたいてよ眼はひらいてるのに醒めてないんだ


民主主義だと思ってた歯ブラシも
自分勝手で足並みが揃わない毛先


平成からの生き残り
伸びた前髪は
いい感じに令和をぼかしてる


ホットからアイスへ
ホッとから愛すへ
安心と愛は親せきらしい
挽きたての苦味を
おぼえても舌足らず
人生は甘くないらしい


マスクでのっぺらぼう
無口でも無礼講
今はラフにステイホーム


話せなくて
フリダシみたいだ
ここは音がない世界デモ


口先の愛より
指先の会話

愛しくなったらこの指とまれ



2020/05/06 (Wed)

前頁] [あいるの部屋] [次頁]

- 詩人の部屋 -