ホーム > 詩人の部屋 > 音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋 > 手袋

音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋


[253] 手袋
詩人:音無詞 詩(元 小さな貝がら) [投票][得票][編集]

小雪降る中
寒がる君
私のぶかぶかの手袋
はめて喜んだ

あったかそうに
ほっぺにあてて
満面の笑み

鼻歌歌いながら
手を繋いで帰る道

雪だるま作れたら
いいねって(*^-^)

白い息が雲に交じり
淡くほんのりと
照れくさそうに

描いてく
優しさと温もりの
色を描いてく

By 小さな貝がら

2008/01/30 (Wed)

前頁] [音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -