ホーム > 詩人の部屋 > 音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋 > 硝子の心

音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋


[326] 硝子の心
詩人:音無詞 詩(元 小さな貝がら) [投票][得票][編集]

とても薄く脆く
壊れちゃう硝子の心

明るく振る舞ってるのに
もう疲れたよ

明るいだとか
しっかりしてるだとか
勝手に私を
決めつけないで

私の心の傷なんて
あなたには見えないのに
簡単に言わないで

人それぞれ悩み
頑張って生きている
辛い事や傷は
誰にでもある

だけどその傷や辛さは
その人にしか分からない

冷たい言葉で触れないで
とても薄く脆い
誰にでもある硝子の心

By 小さな貝がら

2008/06/28 (Sat)

前頁] [音無詞 詩(元 小さな貝がら)の部屋] [次頁

- 詩人の部屋 -