ホーム > 詩人の部屋 > 剛田奇作の部屋 > 日記

剛田奇作の日記

2012年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31




<< 前の月次の月 >>

日指定

プロフィール
詩人名 : 剛田奇作
詩人ID : hitona
誕生日 : 1982年4月28日
性 別 : 女性
住 所 : 静岡

フィード

ワード検索

最新ログ

過去ログ

明けましておめでとうございます
2012/01/05(Thu)

いつもありがとうございます。
しばらくここに依存するかもしれない。

去年は、色んな物を捨てました。
マインド面で、なんだけど。
その一番大きいものが親。

先ず去年、父が亡くなった。
小さい頃私をたたいて虐待してた父。
母は私を自分の理想にはめて、支配しようとして
私の自由を奪い続けた。
そして私は発達障害に苦しみ、うつになった。
30年ずっと死にたかった。

でも 自分が死ぬくらいなら、親を殺そう。
あるときそう思った。
そして母親と絶縁した。
もう死ぬまで母と会わないと決めた。
私はもう誰のものでもない。自分を生きる。
何に縛られることもないだろう。
これからは一番大事な自分を生きる。
自分の幸せだけを追求する。

そう決めた。
もう二度と死にたいなんて思わないだろう。
もう二度と自分を傷付けることもないだろう。

そして今日、私の最も大事な親友をも捨てた。
辛いときいつも側に居てくれた親友。
彼にとって私が親友かどうか定かではないが。

それは異性の友達で、とても尊敬しているんだけど
私が彼にしてやれることはもうないのだ。
私は彼が同性であったらどんなに幸せだったろうと思う
元気でね 大事な友だち。
泣くのはなんか悔しい
絶対 君は泣かないだろう
助けて貰ってばかりで 申し訳なかった。

私はただ前だけむいて進もう。
君の前向きさが何度私を救ったんだろうね







剛田奇作

[前の10日表示]   [剛田奇作の日記]   [次の10日表示]
- 詩人の部屋 -